ギア

ウエッジ形状による違い-バンス編

こんにちはサムライです。

昔に比べてロフト、バンス、ソール形状など選択肢が増え

各メーカーから様々なモデルが発売されています。

 

アマチュアゴルファーはドライバーに目が行きがちですが

スコアを縮めるためにはドライバーだけでなくピンに寄せる

ウェッジの役割はとても重要です。

 

ですが、ウェッジは何でもいいというゴルファーが

悲しいことに多いのが現状、、、、。

これでは一生スコアを縮めることはできないでしょうね。

 

そこで少しでもウェッジの重要性をしって頂くために

3週に渡ってバンス・ソール形状・FP、重心に分けてご説明します。

 

今週はウェッジのバンスによる違いについてです。

 

まずバンス角とは何かですが下の写真のように

シャフトを垂直に構えた時のソールの頂点とリーディングエッジにできる

隙間の角度のことを指します。

 

 

この角度が何の役割をするのかですが、

地面に刺さるのを防ぐことです!

 

バンス角が大きいことでバンスが地面に当たった時に

跳ねる、滑るとい現象が起きて刺さる(ダフる)ことなく

ボールにコンタクトできます。

 

バンスの少ないモデルだとボールの手前に着地した場合

鋭いリーディングエッジが地面に刺さり大ダフリしてしまいます。

 

バンカーなどでも砂に深く潜りずらいので砂を爆発させやすく

ヘッドが抜けるので飛距離が出しやすいメリットもあります。

 

注意点:バンスはソールの中心から後方にかけてついていますので

ハンドファーストが強すぎたり、ボールを右に置き過ぎたりすると

角度が無くなります(下の写真を参照)。

バンスを活かしたい場面ではシャフトが左に傾かないように

アドレス、スイングを心がけましょう。

 

 

バンス角が大きいとダフリにも強くバンカーも出しやすいとなると

メリットしかないように感じますが、反面、地面硬い場面などは

地面に跳ねられてトップのミスが出やすくなります。

更にはフェースを開く状況では更にバンス角は大きくなるので

跳ねやすくなりテクニックを使いずらくなります。

 

開くとこれだけバンスが増えます↓

 

 

ダフリ傾向、バンカー脱出を優先に考えるならバンス角の大きいモデル

 

ボールに直接コンタクトしたい、テクニックを使いたい方はバンス角の小さいモデル

 

バンスの作用はこれだけではありませんが、

買い替えの際は、ご自分のミスの傾向に沿って選んでくださいね。

 

来週はソール形状についてです。

では。

 

※現在、コロナウイルス感染拡大防止の為

11:00~17:00までの短縮にて営業しております。

マスクを着用のご来店をお願いしております。

フィッティングについては完全予約制のみとなり

当日飛込でのフィッティングは行っておりませんので

ご予約の上、ご来店ください。

 

 

埼玉県朝霞市幸町2-5-23

TEL048-423-7750 FAX048-423-7751

ゴルファーズ・ガレージ・サムライ

WEB:http://samurai-golf.net


samurai

ABOUT ME
ゴルファーズ・ガレージ・サムライ
ゴルファーズ・ガレージ・サムライ
■氏名 枝松 和健(えだまつ かずたけ) ■経歴 スポーツ専門学校にてゴルフ技術及び理論を学び、栃木県内ゴルフ場にて研修生を経て大手ゴルフスクールのヘッドレッスンプロとなる。 レッスン活動と並行し、レッスン生各々のスイング・体力・体型に合わせた、ゴルフクラブの調整・製造に携わり、2000本以上のクラブを手掛ける。 その後ゴルフショップ店長及びクラフトマンを務め、プロゴルファーやトップアマ、アベレージゴルファーのクラブ組立・調整を行い、ゴルファーズ・ガレージ・サムライ設立に至る。 パーツブランドを中心に年間100機種以上を試打し、パーツ特性を深く理解すると共に、レッスンプロとして多くのアマチュアを見続け、スイングも深く理解する数少ないゴルファーの一人。 丁寧なカウンセリングを基に的確なフィッティングで、クラブによるスイング向上にも努め、ゴルファー各々に合ったクラブを「細やかに」「美しく」組み付ける仕事には業界内にも定評があり、レッスンプロ向け「クラブ理論」の講義も行っている。 不定期ですがYOUTUBEにて地クラブの試打動画も公開中。 https://www.youtube.com/user/GolfersGarageSAMURAI