ギア

ボール位置によるロフト(パター編)

こんにちはサムライです。

今週はパターのロフトについて

まずはパターにもロフトがあります。

ロフトがある事を知らないアマチュアゴルファーは意外と多い。

パターには3-4度位のロフトが付いているものが多く

実際にインパクト後に僅かにキャリーし

その後、転がり始めるのでです。

そのキャリーが多すぎたり、全くなかったりすると

良い回転で転がらず、思ったような距離感や強さを出せません。

今回は同じロフトでグリップ位置が真ん中の想定でお話しします。

まずは真ん中でアドレスした場合はロフトが3.4度程度なので

キャリーも適正で良い転がりが実現します。

左にボールを置くプレーヤーの場合は通常のロフトより

左に置くほどロフトは多くなるのでキャリーが多くなりすぎて

順回転するまでにボールが跳ねる回数が多くなります。

こうなるとラインも糞もありませんね。

最後に右に置くプレーヤーの場合は通常のロフトより

右に置くほどロフトが無くなります。

最悪はマイナスロフトになっている方も見かけますね。

こんなロフトだとインパクト直後、地面に潜ってから

ボールが転がり始めますので飛距離は出ませんね。

ストロークの仕方やアドレスの手の位置にもよるので

一概には言えませんが左に置くプレーヤーはロフト少なめ

右に置くプレーヤーはロフト多めが適正に転がりやすいですね。

アドレスのしやすさはプレーヤーそれぞれですので

変える必要はないと思いますがインパクトのロフトを考えて

パターもロフト選びをしないといけませんね。

では。

 

※現在、コロナウイルス感染拡大防止の為

11:00~17:00までの短縮にて営業しております。

マスクを着用のご来店をお願いしております。

フィッティングについては完全予約制のみとなり

当日飛込でのフィッティングは行っておりませんので

ご予約の上、ご来店ください。

 

埼玉県朝霞市幸町2-5-23

TEL048-423-7750 FAX048-423-7751

ゴルファーズ・ガレージ・サムライ

WEB:http://samurai-golf.net


samurai

ABOUT ME
ゴルファーズ・ガレージ・サムライ
ゴルファーズ・ガレージ・サムライ
■氏名 枝松 和健(えだまつ かずたけ) ■経歴 スポーツ専門学校にてゴルフ技術及び理論を学び、栃木県内ゴルフ場にて研修生を経て大手ゴルフスクールのヘッドレッスンプロとなる。 レッスン活動と並行し、レッスン生各々のスイング・体力・体型に合わせた、ゴルフクラブの調整・製造に携わり、2000本以上のクラブを手掛ける。 その後ゴルフショップ店長及びクラフトマンを務め、プロゴルファーやトップアマ、アベレージゴルファーのクラブ組立・調整を行い、ゴルファーズ・ガレージ・サムライ設立に至る。 パーツブランドを中心に年間100機種以上を試打し、パーツ特性を深く理解すると共に、レッスンプロとして多くのアマチュアを見続け、スイングも深く理解する数少ないゴルファーの一人。 丁寧なカウンセリングを基に的確なフィッティングで、クラブによるスイング向上にも努め、ゴルファー各々に合ったクラブを「細やかに」「美しく」組み付ける仕事には業界内にも定評があり、レッスンプロ向け「クラブ理論」の講義も行っている。 不定期ですがYOUTUBEにて地クラブの試打動画も公開中。 https://www.youtube.com/user/GolfersGarageSAMURAI