グルメ

鮨処 やまと

四国、香川県高松市

小豆島や数々の島があり、瀬戸内の豊かな漁場を目の前にする高松

有名な鮨屋も沢山あります、その中でお邪魔したのが

鮨処 やまと

外観は街中にある、どこの街にもありそうな鮨屋でしたが、、、

拘りと熟練、洗練された素晴らしい店でした。

先ずは、カウンターに陣取り生ビール

親方に、ネタを聞きツマミから

イクラ、ウニ、マグロ以外は全て地物、瀬戸内で獲れたものを用意させて頂いています。

嬉しい言葉ではありませんか、、、まずは

名古屋フグ

厚めに切られた、名古屋フグのブツ

スダチ絞りポン酢に、チョンと浸し口中に入れ噛むと、トラフグ以上の歯応えと旨味が✨

九州のもり田、あさ海などでも重用される彼岸フグと名古屋フグ

呼び名は違えど同じフグでして、正式名称はショウサイフグ

高松や松山では名古屋フグと言います、その由来は、このフグは毒性強く皮、肝、全て猛毒あり取り扱い要注意

毒性強いため、それらの部位を口にすると

「終わりになる、、尾張になる」

からの由来

トラフグ刺しを「てっさ」と呼びますが、鉄砲刺身の略

その心は?

当たると死ぬ・・・

次も瀬戸内海の

カワハギ肝和え

カワハギの透き通る美しさと淡白な旨さに肝の濃厚さが絶妙

ここで、生ビール2杯終わり、地元香川県の悦凱陣(よろこびがいじん)

キリッと喉越しもサッパリも舌先に余韻残す琴平の酒

瀬戸内のアオリイカ ウニ乗せ

歯応えと、ねっとり感、最高ですね

悦凱陣2合頂き、次は

徳島の山間部にある日本一小さな酒蔵

那賀酒造のアサヒワカマツ

いやぁ〜、パンチ効いたヘビー級の酒ですね

細かに着飾った風なく、生まれたままの生姿で佇む体ある豪快なアサヒワカマツ

瀬戸内のアナゴ

白焼きでワサビ、海苔で巻いて

横に添えられるは今年で創業150年迎える神戸を代表する

甲南漬が

ウナギやアナゴと、この甲南漬は最高の相性なんです✨

www.konanzuke.co.jp

お取り寄せも出来ますので、皆様にも御賞味頂きたいですね✨

ココでニギリ

日本酒も

フルーティーな香りと口当たりの柔らかさ

アサヒワカマツと対局にありますね

まずは瀬戸内の

小鯛

瀬戸内のアオリイカ スダチと塩で

瀬戸内の名古屋フグ

この名古屋フグですね、、個人的にはトラフグ以上に美味と思うフグでして、この身のブリブリ感と噛むほどに旨味感じる名古屋フグ

絶品ですね✨

瀬戸内のカワハギ肝乗せ

そして〆は

玉子焼き

甘さある懐かしささえ感じる鮨処やまと、の玉子焼き

香川県高松市に来て、豊穣なる瀬戸内の恵みを、親方の職人としては高い技術に、人としての器の大きさは鮨に投映させる鮨道

守破離

の「離」を感じさせて頂いた素晴らしい店でした。

四国高松は鮨処 やまと

今宵も楽しゅうございました✨

生ビール2杯

日本酒6合

ツマミ、ニギリ多数、諭吉2枚

189店目

 


ecc

 

ABOUT ME
鮨吉寿司太郎
鮨吉寿司太郎
鮨、寿司、SUSHI、色々ありますが職人さんと客がカウンター越しに目で楽しみ、舌で楽しみ、耳で楽しむことが出来るのが鮨、寿司? アナタの事を思いニギッていますよ face to face eye to eye コレこそが鮨、寿司の醍醐味だと思います。 私の趣味は日本全国、鮨の食べ歩きです? 行った鮨屋は2017.6/10現在、通算129店・・・ 高校3年の春、オヤジに初めて連れて行ってもらった、大阪の亀寿司 仕事帰りのサラリーマンが1日の疲れと明日への英気を養いながらカウンターで鮨を摘んでいました。 アレから約30年、今日も新たな鮨、寿司に出会うため そう、アナタの街の 横丁にある鮨屋 自分だけの鮨屋 自分だけの空間 そう、色んな鮨があっていい 今日も、そんな鮨屋を探しながら・・・