グルメ

勇すし

神戸で保守本流寿司屋

私中では、伏見と

勇すし(いさみすし)

です。

保守本流とは

1、ブレない

2、伝統重んじながらも新しいモノを取り入れていく

3、しかし変えてはいけないものが何かを理解している

勇すし

当日はお世話になっている、勇すし常連方とご一緒させて頂いたので、最高の品の数々でした・・・

木曽檜一枚板のカウンター奥に陣取るは親方

手前には若が持ち場を構えます

当日は親方真ん前、アリーナ最前列に陣取りました。

先ずは、アサヒ瓶ビールで🍻

ハモ

そして

本マグロ腹身

カツオ

ここで辛口冷

日本酒 義侠

剣先イカ

箸でつまんで舌の上に乗せた瞬間、バラバラホロホロと崩れて、ひと噛みすると剣先イカの甘みと生姜の香りが鼻腔抜け旨し

右手に瀬戸内天然フグ

左手に明石沖アコウ

先ずはフグ

ワサビ乗せスダチ軽く絞って醤油に、少し厚めのフグ付けて口中へ

噛みしめるほどの旨味と弾力

かの北大路魯山人は最も旨きモノとして、フグとワラビを上げましたが、かの魯山人

勇すしのフグ食べれば、何を語ったでしょうか?

アコウもワサビ乗せてスダチ軽く絞って、醤油に

ちょんと,

白身の旨さ堪能させて頂けるのも、保守本流たる勇すしの素晴らしい所ですね

明石沖アナゴ山椒の実そえて

コハダ

山椒昆布そえて

生イクラ

表皮の絶対的な自己主張

歯で圧かけると中からはイクラのアノ旨味がほとばしる

ここで、日本酒 義侠三合目

ニギリに参ります

やはり、親方の目の前に座り、親方の手渡しで頂くのが、勇すしの一番粋な贅沢な時間の過ごし方だと思います。

松茸

炭火で炙り、醤油とスダチを

ツブ

マグロも美味いですが、絶品なのがトロ巻きで

ペースト状フワフワのトロに食感残すマグロをパリパリの海苔で巻き、口中に入れた瞬間、三方向からの違う味覚と食感感じ、噛みしめるほどにシャリも合わさり、極みですね✨

〆は明石沖アナゴ

サクサク、クリスピー感とひと噛み終わった後からのフワっ感

江戸前とはまた全く違う、アナゴがありました。

他にもウニ、コハダなどを堪能させて頂きました。

おそらく一人頭、福沢諭吉3〜4枚

しかし、勇すし

やはり神戸 三宮最高峰に位置する素晴らしい店でした。

今宵も楽しゅうございました✨

 


ecc

 

ABOUT ME
鮨吉寿司太郎
鮨吉寿司太郎
鮨、寿司、SUSHI、色々ありますが職人さんと客がカウンター越しに目で楽しみ、舌で楽しみ、耳で楽しむことが出来るのが鮨、寿司? アナタの事を思いニギッていますよ face to face eye to eye コレこそが鮨、寿司の醍醐味だと思います。 私の趣味は日本全国、鮨の食べ歩きです? 行った鮨屋は2017.6/10現在、通算129店・・・ 高校3年の春、オヤジに初めて連れて行ってもらった、大阪の亀寿司 仕事帰りのサラリーマンが1日の疲れと明日への英気を養いながらカウンターで鮨を摘んでいました。 アレから約30年、今日も新たな鮨、寿司に出会うため そう、アナタの街の 横丁にある鮨屋 自分だけの鮨屋 自分だけの空間 そう、色んな鮨があっていい 今日も、そんな鮨屋を探しながら・・・