ツアー

ディライトワークスASPチャレンジ

ご無沙汰しています。キャディの原田です。

11日水曜日、AmebaTVツアー観戦に益子へ行って来ました。

まずは何となく会場の太平洋クラブ益子PGAコースを目指し、近くになったらギャラリー駐車場の看板を見つけることができるだろうと軽い気持ちで行ってみると、結局コースまで看板はなくて警備員さんに紙をもらい「ここです」と。

地図読むの苦手ながらもすんなり到着できましたがちょっと?まあまあ?遅刻。

着いてギャラリーバスに乗ろうとすると「今はドライバーさんの昼休憩なので出発は45分後です。」と。

ドライバーさんの休憩は大事。

このギャラリー駐車場は益子焼のお店が並んだ通りの奥にあったので45分はこの通りふらついてみました。

通りを歩いてお店をはしごしているご夫婦が結構おられました。

出発時間にバスに乗りコースへ到着してチケット購入しようとすると「入場料は無料です。食事券がついてますのでキッチンカーの商品をどうぞ。」とチケットを頂きました。

お腹空いて倒れそうだったんですけど、観戦しやすいように肉巻きおにぎりを頂きました。あと梅ソーダ。

フィッシュ&チップスを抱えながら歩いてもよかったかな。笑

写真撮ってもいいとのことでしたので遠目に。

クラブハウス周辺とか、一部にローピングがあるのみであとはコース内立ち入りの規制が特にありませんでしたのでまあまあ近くまで行ってみんなのパッティングを観ることができました。

意識してなかったら職業柄フェアウェイやグリーンに上がっちゃいそうです。笑

選手の視界に入らなければ、バンカーショットとか目の前で見られそうです。

今回はアメリカ下部ツアーに参戦してたドンファンが試合に出ると言うので観に来てみました。

と言っても遅刻した上、途中に雷でサスペンデッドになってしまい9ホールも見れなかったんですけど。。

ドンファンは楽しそうにゴルフしていましたし、久しぶりに見たプロ達のゴルフも覗くことができました。

とっても近くで自由に観ることができるのが楽しかったです。

ギャラリーの男性方も大きな声で「よっしゃー!」「がんばれよーー!」ってみんなに声かけてたり、スマホでAmebaTV中継を観ながら目の前でお弁当食べてたり、色んな楽しみ方がありそうでした。

今回は立ち寄れなかったんですが女性限定のカフェテリアがあったり(このリストバンドを付けるといいみたい)。

今回は雷のためゆっくりはできなかったですが、次回観戦のチャンスがあればもう少し事前に調べておいてもっと満喫したいと思います!

 

ABOUT ME
原田 眞由美
原田 眞由美
1978年9月14日生まれ。 ゴルフのことは全く知らなかった社会人時代に転職して、ミズノオープン開催コースのJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部のキャディに。 そこで幼なじみの谷原秀人プロを再会し、ゴルフツアーの魅力にひきつけられツアーキャディの道へ。 第一線は退いたが、ゴールドジムに通い体力づくりに余念がない。