ツアー

今夜は悔しくて眠れない

終わってシャワーを浴びて車に乗り、

もうすぐ岡山県に入ろうかとしています。

疲れ切ってるはずなに。

全く眠気が襲ってこない。

悔し過ぎて・・・。

確かに追い掛ける方がボギーを打ったら苦しくなるだろうけど、2つ目のボギーを打った7番ホール以降、今平くんは残り11ホール全てでバーディチャンスに付けたんです。

強いて言えば、7番までの4ホールもバーディチャンス。

計15ホール、バーディパットを打ったんですよ。

その全てが完璧なストロークだった・・・。

それがね、たった1つも入らないなんて事あります!?ψ(`∇´)ψ

僕が打ってんならまだしも(TT)

比嘉選手のゴルフは完璧でしたが、負けた気がしない(TT)

この試合、比嘉選手にプレッシャーをかけられるのは、今平くんしかいなかった。

悔しいけど、

この世界は結果が全てだから。

でもね。

“負けてなお強し”じゃないけど、やっぱりものすごいんです、今平くんは。

あのゴルフセンスは一体何なんだろ!?

担ぐ度に、彼の横のポジションの重さをヒシヒシと感じるんです。

今の僕のキャディ力じゃ、今平くんの頭と技術に付いていけるかどうか。

もっともっとレベルを上げて行かなきゃ力になんてなれない。

この先、もうこれ以上は取りこぼせません。

ディープインパクトが負けるなんて、騎手のせい以外あり得ない。

天才を陽の当たるところにまで押し上げます。

『今平周吾』は間違いなく世界で勝てる逸材なんです。

それを必ず証明してみせますから。

どうせ眠たくなんないなら、このまま一気に静岡まで帰ろうかな。

泣きながら。

 


 

ABOUT ME
梅原 敦
梅原 敦
1974年4月5日生まれ。京都府出身。 1998年の「つるやオープン」より藤田寛之プロとコンビを組み、15年間右腕として専属キャディーを務める。 藤田寛之プロとのコンビでは14勝をあげ、賞金王、海外メジャーなどでも常に横にいた。 2014年からフリーとなり、2015年サントリーレディスオープンでは成田美寿々プロとのコンビで優勝。 2016年では日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップにて、塚田 陽亮プロとコンビを組み優勝をあげた。 2017年日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯では李知姫プロキャディとして通算22勝目をあげる。 ブログ:http://atsushi-umehara.com/