ギア

接着剤のお話し

こんにちは。サムライです!

男子ツアーも開幕しゴルフシーズン真っ只中ですね。

工房業務も大忙しです。

先週まではメーカーさんのお話でしたが

本日は接着剤のお話(プレーにはあまり関係ありませんが、、、。)

クラブはヘッド、シャフト、グリップの3つのパーツで構成されています。

グリップは両面テープで固定されていますが、ヘッドとシャフトは接着剤を使用し固定されています。

接着部分はモデルや用途によっても違いますが約30~35mmが平均値

昔(相当昔ですが)に比べ接着剤も相当進化し強度が格段に向上しました。

昔の接着剤は強度が弱く、接着剤だけでは抜けるリスクがあったため

組立にも色々と工夫がされていました。

現在流通している接着剤では必要ありませんが

ネック部分に穴を貫通させ、内部のシャフトも同様に穴をあける

接着剤にプラスして鉄の細い棒をネックとシャフトの穴に通し止める

こんな感じ↓

パターでもPINGの古いパターはシャフトエンドから鉄球を押し込み止められていました。

昔の人は色んなことを考えていたんですね。

当店で使用しているものはセメダイン社のY-610と言う種類を基本で使用します。

アクリル系の接薬剤で硬化速度、強度、耐熱などバランスの取れた商品

こちらの接着剤は2液のタイプで1:1の割合で混ぜて使用します。

(割合が合わないと接着強度が落ちます)

ムラが無いようによく混ぜる

あとはヘッド内部とシャフト先端に接着剤を塗り組み立てる

その他、使用には差し支えないが強度がやや劣るY-600

特徴は超速乾で接着後、比較的短時間でボールが打てる

他にも耐熱性に優れたY611黒(通称:黒)

当店の基本はアクリル系のY610を使用しますが、お客様の用途や希望によって

Y600・Y611黒・エポキシ系の接着材を選んで組立てています。

今週はこの辺で

埼玉県朝霞市幸町2-5-23

TEL048-423-7750 FAX048-423-7751

ゴルファーズ・ガレージ・サムライ

WEB:http://samurai-golf.net

 


samurai

 

ABOUT ME
ゴルファーズ・ガレージ・サムライ
ゴルファーズ・ガレージ・サムライ
■氏名 枝松 和健(えだまつ かずたけ) ■経歴 スポーツ専門学校にてゴルフ技術及び理論を学び、栃木県内ゴルフ場にて研修生を経て大手ゴルフスクールのヘッドレッスンプロとなる。 レッスン活動と並行し、レッスン生各々のスイング・体力・体型に合わせた、ゴルフクラブの調整・製造に携わり、2000本以上のクラブを手掛ける。 その後ゴルフショップ店長及びクラフトマンを務め、プロゴルファーやトップアマ、アベレージゴルファーのクラブ組立・調整を行い、ゴルファーズ・ガレージ・サムライ設立に至る。 パーツブランドを中心に年間100機種以上を試打し、パーツ特性を深く理解すると共に、レッスンプロとして多くのアマチュアを見続け、スイングも深く理解する数少ないゴルファーの一人。 丁寧なカウンセリングを基に的確なフィッティングで、クラブによるスイング向上にも努め、ゴルファー各々に合ったクラブを「細やかに」「美しく」組み付ける仕事には業界内にも定評があり、レッスンプロ向け「クラブ理論」の講義も行っている。 不定期ですがYOUTUBEにて地クラブの試打動画も公開中。 https://www.youtube.com/user/GolfersGarageSAMURAI