ツアー

原英莉花プロの芯の、真の凄味とは?

本日より大阪は茨木国際にてTポイントレディース始まりますね

私は今週と来週のアクサレディースの2試合、諸用にて休みます。

また葛城でのヤマハ レディース、熊本空港でのKKTバンテリンは原英莉花プロとコンビを組ませて頂き、スタジオアリスでは篠原まりあプロとのコンビになります。

さて、開幕2試合を英莉花プロとコンビ組ませて頂いたのですが、やはり女子ツアーでは圧倒的な飛距離ですね

そして飛距離出るだけでなくドライバーでの正確さもスゴイ武器になると思いました。

確かにまだ、ショートアイアンでのピン狙わなければならないショットやグリーン周り、パッティングは課題あると思いますが、間違いなくショートゲームは試合でグリーン外す機会増えれば、自ずと上手くなりますからね、また英莉花プロ自身も客観的に貪欲に自分で工夫や考えながらショートゲームの練習しているので、間違いなくめちゃくちゃ上手くなりますよ

20年来、沢山の選手を見ているので分かるんです。

そしてですね、英莉花プロ最大の武器とジャンボさんの愛弟子、ジャンボさんから受け継いだもの

確信しました。

ジャンボさんから受け継いだものは、ドライバーの飛距離などではないですよ

「創意工夫力」

ですよ

創意工夫力、自分の頭で何をすべきか?今の自分には何が必要か?この状況なら?

を、試合だけでなく普段の練習ラウンドやドライビングレンジ、アプローチ練習場、パッティンググリーンなどでも課題持ち向上に繋げる思考方法があるということ、まさにこれがジャンボさんから受け継いだ1番の宝だと思うんです。

あと目で真偽眼、、確かめ

耳で色々な話を聴いて、取り入れるべきは取り入れる

口、自分の意見、意思を言葉で発するチカラ

若干20歳とは思えない器の大きさ、底の深さを感じます。

あと、地頭の良さ

私が高校時代に京都大学や大阪大学に進学した、俗に言う頭の良かった友人は皆、地頭が良かったんですよ

地頭の良さとは、自分から課題持ち、設定してそれに対する解決方法と、先出の
「では、どうすれば良いか?」

を自分で答えを出す事が出来る能力です。

単に与えられたモノをこなし、覚えるのでなく土を耕し土を肥やし種まき水を入れやり、台風来そうなら苗守る。この一連の実を収穫するための能力がハンパない

スゴイんです・・・

そして、英莉花プロの魅力

「天真爛漫な笑顔」

ですね

笑う門には福来る

運を引き寄せる笑顔、先天的でもある陽気さ

まさに、この部分でもジャンボさんから大切な大事なものを受け継いでおられると2試合コンビ組ませていただき強く感じました。

同じ中華カタ焼きそばでも、どの様にしたら、より美味しく食べる事が出来るか?

ジャンボさんから受け継いだ大切なもの

英莉花プロの試合使用ボールにもプリントされている

「My Way」

という言葉に集約されるかも知れませんね

誰のためでもない、自分のために戦い頂上目指し極める。

ヤマハから、また楽しみです。

 


シニアペット


銀座デンタルホワイト


ニチコン


丸安産業


ジャパンクリエイト

 

ABOUT ME
小岸 秀行
小岸 秀行
1973年11月8日生まれ。立命館大学経営学部中退。 1995年福澤義光プロのキャディーをきっかけに、ツアーキャディの道へ。過去に岡本綾子プロ、細川和彦プロなど、2008年から5年間矢野東プロと専属契約。2013年からは川村昌弘プロと専属契約し「パナソニックオープン」優勝。 2019年度は女子ツアーメインで参戦する。 通算6勝