ツアー

アラフィフのミケルソン、通算44勝目達成!

AT&Tぺブルビーチプロアマで48歳のフィル・ミケルソンが2位に3打差つけて通算44勝目を飾りました!

最終ラウンドを2ホール残して2位に3打差を付けてサスペンドになった中、月曜日の早朝に17番からプレイを再開。2位のポール・ケーシー(英国)と共に17番・18番をパー・バーディーで締め、ミケルソンが最終日を7アンダー65でまわり、トータル19アンダーで優勝しました。

 今回の優勝でミケルソンは、AT&Tぺブルビーチプロアマ通算5勝したことになります。この記録はマーク・オメーラと並ぶタイ記録です。

またぺブルビーチとミケルソンには特別な関係があるんですよ。

1992年のプロデビュー初戦がぺブルビーチでの全米オープン

1998年にペブルビーチでの通算5勝の最初の優勝を飾る

ミケルソンのお祖父さんがぺブルビーチのオープン当初のオリジナルキャディの一人で、そのお祖父さんからもらった1900年発行のシルバーコインを今でもマーカーとして愛用しています

この相性の良いコースは、皆さんもご存知の通り、6月の全米オープンの開催コースでもあります。

ミケルソンはメジャー大会中、唯一全米オープンのみ優勝していないのです。

コース設定は、先週のAT&Tとは異なり、かなり難しくなることは間違いありませんが、相性抜群のコースでミケルソン優勝そしてメジャーグランドスラム達成を期待したいです。

因みに、全米オープン最終日の日曜はミケルソンの49歳の誕生日!シナリオ的には最高の設定ですね!

 49歳の誕生日に初の全米オープン優勝+メジャーグランドスラム達成なるか

今年の全米オープン、多くのドラマが生まれること間違なし。

今からワクワクしてきます。

アラフィフの読者の皆さん、ミケルソンから元気をもらいましょう!

 

 

ABOUT ME
フランク 早川
フランク 早川
1963年1月17日生まれ。 1978年単身アメリカに留学。 1986年ラ・サール大学理学部生物学科卒業 1987年 鐘紡株式会社入社 1992年Kanebo Information Systems Corp. (USA) 出向 2000年 同社社長就任 2007年 ニューヨークにてDouble Eagle Solutions(IT Consulting会社)起業現在に至る ゴルフ歴25年、とにかくゴルフをこよなく愛しています。週末は必ずゴルフをしないと震えがくるゴルフ依存症の54歳、40台の頃はニューヨークで五本の指に入る腕前で今でも多くのアマチュア大会に参戦している。現在のハンデは7と低迷しているが、ニューヨークのアマチュアゴルフ界では知らないものはいない存在。 過去10年は、PGAツアー並びにUSGA Championshipにてスコアラーのボランティアにも力を入れており、FedexCup Playoff、PGA Championship、US Openの上位グループのスコアラーも任されるようになった。 クラブフィッター、ティーチングプロ、ローカルPGAプロ、スポーツセラピストとの交友も深く、常にゴルフ関係の動向にアンテナを張って生活している。