ツアー

許せない!グリーン上でドーナツターン!

 

先月末に許しがたい事件がフロリダ州で発生しました。
18歳の青年(Luca Canalungo)が、地元のプライベートカントリークラブに不法侵入し、車でコース内を暴走、7番ホールと8番ホールのグリーン上でドーナツターンを繰り返しグリーンに大きなダメージを加えました。

この男、バカなことにコース内の泥濘にタイヤをとられ動けなくなり、車を置き去りにして逃走したものの、車の所有者リストから、あっけなく逮捕となりました。

このコースは今週開催しているPGAツアーのValspar Championshipから数分の場所にあり
ツアー開催コースを選んでいたらと考えるとゾッーとします。

こういう輩は、本当に許せません!
でも保釈金2,000ドルで釈放されたというその後の発表に憤りを感じています。

罪を償うためにも、グリーンズ・キーパーに付いて修復する過程を最後まで無償で奉仕しろって言ってやりたいです。そうすれば二度とこんなまねはしないだろう。

皆さーん、グリーンは大事に使いましょうね!
グリーン上のディボットは、ちゃんと治しましょう!

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
フランク 早川
フランク 早川
1963年1月17日生まれ。 1978年単身アメリカに留学。 1986年ラ・サール大学理学部生物学科卒業 1987年 鐘紡株式会社入社 1992年Kanebo Information Systems Corp. (USA) 出向 2000年 同社社長就任 2007年 ニューヨークにてDouble Eagle Solutions(IT Consulting会社)起業現在に至る ゴルフ歴25年、とにかくゴルフをこよなく愛しています。週末は必ずゴルフをしないと震えがくるゴルフ依存症の54歳、40台の頃はニューヨークで五本の指に入る腕前で今でも多くのアマチュア大会に参戦している。現在のハンデは7と低迷しているが、ニューヨークのアマチュアゴルフ界では知らないものはいない存在。 過去10年は、PGAツアー並びにUSGA Championshipにてスコアラーのボランティアにも力を入れており、FedexCup Playoff、PGA Championship、US Openの上位グループのスコアラーも任されるようになった。 クラブフィッター、ティーチングプロ、ローカルPGAプロ、スポーツセラピストとの交友も深く、常にゴルフ関係の動向にアンテナを張って生活している。