ツアー

フジサンケイレディースクラシック

 

まずはじめに、九州地方の震災に深く心を痛めており、1日も早い復興を祈っております。

今週は、静岡県の「川奈ゴルフコース」で開催されます、フジサンケイレディースクラシックに来ております!!

1

去年は5人6アンダーでプレーオフかと誰もが思う中、藤田光里プロが18番でバーディーを奪い優勝を決めた前回大会、皆さんも記憶に新しいところだと思います!!

今週はそんなメイクドラマがおこる17番、18番ホールに注目してみたいと思います!!

まずは17番ホール、par3

2

打ち上げが8ヤード入るこのショートホールなんですが、距離も長い事ながら、風も難しく、グリーン右サイドは少しでも距離が短かいと下まで落ちてしまい、打ち上げのアプローチが残ってしまいます。実際、選手から見たアプローチのアングルです。

3

また、長いクラブを持つと奥にバンカーがあり、2打目がとても難しくなります。

4

優勝争いをしている選手にとっては、「とてつもないプレッシャー」が襲ってくるホールです!!

次に、、18番ホールpar4

5

ティーショート、セカンドと打ち上げになるこのホール、特にセカンド地点からのアングルでは、グリーン面は全く見えません。

6

グリーン右手前のバンカーも深く、距離感がとても難しいです。
去年の最終日のように、グリーン右手前にピンがある時は、風、クラブ番手のジャッジがとても難しくなることでしょう!!

年々、優勝スコアがロースコアになってきている今週の優勝スコア予想は、天候次第ではありますが10アンダーと思われます!!

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
出口 慎一郎
出口 慎一郎
「いでぐち」と読みます。 1983年長崎県五島列島生まれ。 2011年ツアーキャディの道へ・・・約30人の選手のバッグを担ぎ、2017年はISPSハンダ マッチプレー選手権で片山晋呉プロ、マイナビABCチャンピオンシップでは小鯛竜也プロキャディとして初優勝、2勝目をあげる。 2019年度も昨年同様に星野陸也プロとコンビを組む。