ツアー

21-22年シーズン最終戦

こんにちは!キャディの齋藤です!

今週は、ノースカロライナ州グリーンズボロで行われるウィンダムチャンピオンシップに来ています!
この試合は、PGAツアーの21-22年シーズンの最終戦となります!

開催されるコース、セッジフィールドカントリークラブは、アップダウンがあり、ティーショットの落ち所が見えないホールが多くて狭い。そして、グリーンの傾斜が強く、芝目が強いコースとなっています。

小平智プロは、フルシードを獲得する為には、トップ3フィニッシュが必須。準シードラインまでは、4人抜かなくてはならない状況です。

ですが、小平プロはショット絶好調、先週悩まされたパッティングもしっかりと修正しパッティングも良い感覚を掴む事が出来た様です!!

水曜日に行われたプロアマでは、16番のショートホールでキャディチャレンジがありました!
小平プロのクラブをお借りして、PGAデビューして来ました😂😂

暑い地域特有のバミューダ芝。癖のある芝にどう対応して行くか。加えて35度前後となる連日の暑さ、シードラインといった沢山の事が見えてくる大事な試合。暑さに負けず、小平プロのサポート頑張ります!!

アメリカから齋藤でした!


ecc
ABOUT ME
齋藤 嵩介
1996年2月27日生まれ。 大東文化大学卒業。 大学生時代に、ツアーキャディの仕事に興味を持っていた時に、青木瀬令奈プロの後押しにより、ツアーキャディの道へ。 目標は、世界中でキャディをする事。 2020年は日本ツアーにて、池村寛世プロの専属キャディをしながら、浅地洋佑プロとアジアンツアー、ヨーロピアンツアーにも挑戦します。 2021年、木下稜介プロとのコンビで全英オープンやWGCなど4試合のPGAツアーに参戦。 2022年は、小平智プロなどのバッグを担ぐ。