ツアー

ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ振り返り

先週はワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップへ

久しぶりにギャラリーの数が多いなと思った1週間でした

有観客で、ゴールデンウィーク、制限が8,000人と今までより増えたことでこの感じに

久しぶりに圧倒されたました

そんな中、今年の国内メジャー第1戦は山下美夢有プロの優勝!
おめでとうございます🎊

1stラウンドから抜け出しての完全優勝は素晴らしい

ずっとトップにいるプレッシャーはあったハズ

しかもメジャーですから

本当に凄いですね

それでは本題の振り返りをしましょう

山下プロの初日の8アンダーという成績で抜け出しました

このスコア、他の選手にかなり影響を与えたのではないでしょうか?

というのも組み合わせとしたら初日のメイン組は午後

前年度の優勝者、昨年の賞金ランク1位、今年のポイントランキング1位がいたことを考えるとそうなるでしょう

山下プロの初日のスタートは午前

ここでコースレコードの8アンダーを出したのは山下プロ

グリーンが固く、速くなった午後組からしたらあり得ないスコア

午後組のベストスコアは3アンダー

それは予想できるスコアであって、条件が良い午前組でも6アンダーなら想定の範囲内ではありました

がしかし、8アンダーという “数字” が、それを見てしまった午後組の選手たちのプレーに少なからず影響を与えたでしょう

特に今年、4勝を挙げている西郷プロは影響を受けたハズです

初日の3ホール目、PAR5の12番ホールでダブルボギーにしてしまったことで気持ちに焦りが出てしまい、その後のプレーがおかしくなってしまったのではないでしょうか?

結果的にこの12番ホールは1stラウンドの難易度が1番

スタート前にピンポジションを見て、パーであればOK

現場で見たときは、少しでもミスをしてしまったらボギーでも仕方ないと思うピンポジション

おそらく無理にパーを拾いにいってしまったのでは…

ここで10打差になってしまったことが、この後のプレーに狂いを生じさせたのでしょう

実際にその現場を見ていませんし、本人からも聞いていないので推測でしかありませんが、スタート前に想定スコアを考えて(西郷プロも考えて、思っていたでしょう)、他のことは考えず、自分のプラン通りにやれば…

今の西郷プロなら初日が2オーバーぐらいだったとしても、トップ5、いや3日目、最終日のコンディションを考えると今年の西郷真央という “名前” で今度は逆にプレッシャーを与え、優勝まであったかもしれません

もし組み合わせが、午前と午後が逆だったら…

“数字”と“組み合わせ”でそこまで違うのか⁉︎

そんなことを思ってしまった今年のメジャー1戦目でした

ecc

ABOUT ME
関根 淳
1975年5月24日生まれ。通算3勝。 空気のような存在で、終わってみれば『そう言えばいたなぁ〜』と言われるぐらいの存在でありたい!2021年はこのスポともgc通信と共にClubhouseからキャディー皆んなで現場の声をお届けします。 2010年からは丸山茂樹プロ専属キャディーを務め、2012年からは山下和宏プロ専属キャディーとしてツアーに参戦。2021年は星野陸也プロを中心に阿久津未来也プロ、仲宗根澄香プロのキャディーを務める。