ツアー

下りのスピードを制する者は。。。ψ(`∇´)ψ

太平洋クラブチャレンジトーナメントの会場で、薗田峻介プロ発見☺️

スタート前の練習に勝手に密着😆

スタート前に打つ球数が30球と決まっていたので、ウェッジ10球、アイアン12球、ウッド8球ほどで調整していました😄

 

見ていただくとわかるように、多くのプロがスタンスと肩のラインをチェックする為にスティックを置いて練習しています。

プロゴルファーでもこれだけアドレスを大事にするってことは私達アマチュアはもっと練習場でクラブなどを置いてアドレスチェックすることがとーーーーっても大事ってことですね😉

スタート時間20分前くらいに練習グリーンに移動してパッティング練習

そこで薗田プロに、スタート前に気をつけていることは?という質問にその日のグリーンの下りのスピードを把握する‼️
『下りのスピードを制する者はその日のグリーンを制するよ』って教えてくれました😄

 

私は目からウロコ〜🤩

なるほど〜‼️
皆さん下りの距離感です!!

最後はショートパットをしっかり練習してスタートしていきました☺️

下りを制する者は。。
と言われれば!今回プレーオフで戦った伊藤慎吾プロ。
18番ホールピンの上からの下りを制してた‼️

2日目土砂降りが降ったにもかかわらず、今回の太平洋クラブ江南コースのグリーン。

少し表面は柔らかくなっていたそうですが、速さが変わらない素晴らしいグリーンだったそうです‼️

伊藤慎吾プロ!

優勝おめでとうございます🎉㊗️

 


ecc
ABOUT ME
伊能 恵子
伊能 恵子
千葉県出身。 平塚哲二プロとのコンビでは、大洗CCでのダイヤモンドカップで連覇。古閑美保プロ、久保谷健一プロともコンビを組み、「姐さん!姐さん!」と、ツアー関係者から慕われている。 2017年も片岡大育プロとコンビを組む。 現在はキャディの仕事と共にリンパマッサージ、ストレッチ等のボディケアやスキンケアも含め、施術やイベントも行う。 そんな伊能姐さんの記事が読めるのは『スポともGC通信』だけ! ツアー通算10勝。