プライベート

好記録続出⁉︎

国内女子ツアーは来年度のスケジュールが出ました!男子ツアーは25日の発表らしいですが、どのような感じになるのでしょうか⁉︎

さて、今年も残すところあと10日あまり。今年はどの業界も大変でしたが、スポーツも沢山の試合が中止になり簡単にはいかないことが多かったですね😥

そんなスポーツ界ですが、練習や試合が制限されていた割に好成績が出ていると思いませんか⁉️

陸上なんて中・長距離は好記録が出ていますよね。シューズの進化もあると思いますが、なぜだろうと🤔

高校野球のピッチャーに関しては150キロ以上投げるピッチャーが続出したとか。

これって今までの練習や試合がやり過ぎだったってことなのかな⁉︎

もしくは普通には出来なくなったことで数少ない試合でモチベーションが上がったから⁉︎

要因はこれら1つだけでなく色々絡みあっているのでしょうね!

練習に関しては未だに指導者が押し付けているとまでは言いませんが、どちらかと言うとやらされていることが多かったのではないのかなと⁉︎

しかも量が多く、それをこなすために気持ちが入っていない意味の無い練習なったりしていたのだと思います。

それが緊急事態宣言中に自分1人での練習が多くなり、“出来る選手” に限っては自分の意思、ちょうど良い量、質、ペースで内容の濃い練習することが出来たことが要因ではないかなと思うのです。

試合への心の状態も1年前までの試合であれば、失敗したらどうしよう、絶対に負けてはいけない 、などマイナス的な感情のように悪い方向に行っていた選手が、今年のいつ試合が出来るか分からないことになったせいで、試合が出来たときに試合が出来る幸せ、感謝の気持ちが今まで以上に出たことがあるのではないのでしょうか⁉︎

そしてそのことで試合に対して前向きな感情になれたこともあるのかなと個人的には思っています。

どんなときでも忘れてはいけないことだと思うのですが、今年のこの状況が私も改めて気付かされました。

今年結果が出た選手、出なかった選手それぞれいると思います。

また観客がいなかったから結果が出た選手、出なかった選手もいることでしょう。

色んなことを経験した1年。今年結果が出なかった選手にはこの経験が無駄ではなかったことを来年見せて欲しいですね❗️

ABOUT ME
関根 淳
関根 淳
1975年5月24日生まれ。日本大学卒業。通算2勝。 空気のような存在で居たい。終わってみれば『そう言えばいたなぁ〜』と言われるぐらいの存在で居たい。 しかしクールの中にも煮えたぎる熱き思いが、スポともGC通信で爆発するかも、、、 2010年からは丸山茂樹プロ専属キャディーを務め、2015年からは山下和宏プロ専属キャディーとしてツアー参戦する。 2019年は片山晋呉プロ、堀川未来夢プロ、脇元華プロのキャディーを務める