プライベート

拝啓 尾崎健夫様

昨年コロナ禍ために自宅で外出を控えていた春先に断捨離で自宅の大掃除をしていた時に出てきた10、20年前の写真の数々

当時は携帯の写真撮影機能が良くなくて、「写るんです」を持ち歩いていました📸

本日の思い出写真は2001年フィリップモリスチャンピオンシップ時(現在のマイナビABCチャンピオンシップの前身トーナメント)

大会は10月後半に開催されていて、私は小田亨キャディと選手宿泊先の有馬温泉まで送り届け雑用済ましてから19時30分頃に合流し、少し遅めの夕食をとることに・・・

有馬温泉の高級温泉ホテル「兆楽」から車で下りて来たところにあるのが、お好み焼き・鉄板焼きの「きんちゃん」

そこに、小田キャディと

店のドアを開け一歩足を踏み入れると、ただならぬ雰囲気

ラオウの様な、オーラが店全体を包み込んでいました。

カウンターに向かい、ふと後ろの小上がり見ると、ジャンボ尾崎プロ、佐野木キャディはじめジャンボ軍団方々が・・・

小田キャディと仕事終わりの生ビールから始まり楽しく晩飯予定が急転直下、緊張感あるヘビに睨まれたカエル状態の晩飯に(涙)

も、15分、20分ほどで御大方々は帰路に着く雰囲気

早く帰って俺たちを自由にしてくれ!

私と小田キャディ、心の叫びが通じたのでしょうか?

帰り際に佐野木さんが

「肉余っとるから、お前ら食えよ!」

の優しい言葉✨

さすが佐野木さん、優しいなぁ〜

あとで確認したら、焦げてシナっとなったエノキ横にある、肉塊が⁉️

よくみると脂身・・・

小田キャディと2人で卒倒しそうになっていると、最後に席を立たれた尾崎健夫プロ、ジェット尾崎プロが

「オレ、カウンター(語尾下がる)で一杯飲んで帰るから先帰ってて〜」

私と小田キャディ座るカウンター横にグラスだけ持ち、移動して座られました。

焼酎ロック、氷カランカランと指で軽く回して、乾杯!的なグラスを軽くあげる仕草で🥂

カッコイイ、カッコ良すぎですよジェットさん・・・

「コイツらにさっきの肉余ってたら出して上げてよ」

トマトベーコン、お好み焼きだけの寂しい鉄板でしたが、ジェットさんの計らいにより、予期せぬ最高級のステーキが✨

2人で感動していると店内の有線から流れて来たのは


osakasyoun

stand by me♫

ジェットさん、焼酎片手に私と小田キャディの2人を観客にスタンドバイミーをアカペラ熱唱🎤

メチャクチャ上手いんです

ノリ、グルーヴ感ハンパないんです💦

曲終わり、余りの格好良さに2人放心状態でした。

ジェットさん、もうしばらく居てそうだったので、私と小田キャディは

「ジェットさん、ありがとうございました。ご馳走さまでした!🙇‍♂️」

と頭下げると、一言

「プロゴルファーに(語尾下がる)頭下げるなよ〜」

惚れてまうやろ

カッコ良すぎですよ

からの写真が

20年前ですか?

しかし、昨日の事のように覚えてますよ、ジェットさんの、あのカッコ良い色気ある仕草✨

ご覧頂いている皆様に、私の稚拙な文章ではジェットさんの魅力をお伝え出来ない

申し訳なくて悔しいです💦

あっ、百聞は一見に如かず。

昨年開催されたマルハンシニアで、私がお世話になっている方がジェットさんとラウンドした時のジェット尾崎節の、ほんの少しではありますが、ご覧頂ければジェットさんのカッコ良さがご理解いただけるかなぁ〜

それでは、来週に👋


ニチコン


丸安産業


ジャパンクリエイト


osakasyoun

ABOUT ME
小岸 秀行
小岸 秀行
1973年11月8日生まれ。立命館大学経営学部中退。 1995年福澤義光プロのキャディーをきっかけに、ツアーキャディの道へ。過去に岡本綾子プロ、細川和彦プロなど、2008年から5年間矢野東プロと専属契約。2013年からは川村昌弘プロと専属契約し「パナソニックオープン」優勝。 2019年度は女子ツアーメインで参戦する。 通算6勝