グルメ

鮨 いの(愛媛県松山市)

愛媛県の県庁所在地である松山市の繁華街 二番町にあるのが、県外からも鮨キチが訪れる

鮨 いの

先日、松山を訪れた際に念願の初訪問と相成りました。

瀬戸内の地物に拘りながらも、一仕事一手間加える江戸前の仕事を施し、伊予前と江戸前の融合とでも表現したら良いのでしょうか?

瀬戸内の渡蟹

瀬戸内地物の煮蛸

松山沖のヒラメ

やはり四国に来たからにはスダチと塩で

スマガツオ

脂乗り楽しむより酸味を味わいたい小振りなスマ

美味也✨

アン肝

残り少なくなっていた生ビールを飲み干し

アン肝襲来の体勢整え生ビールおかわり三杯目🍺

悲しいかな辛口日本酒冷やとアン肝のマリアージュを身体が欲してしまい

京都伏見の澤屋まつもと

「守破離(しゅはり)」

生ビールはチェイサーで・・・

生牡蠣と炭火焼き

全く味も香りも違う濃縮と拡散のコントラストを楽しめた一品

四国産松茸とアラ

昂り高揚するテンションをニュートラルに差し戻してくれる椀物の味とタイミングでした✨

守破離を二合呑み終え🍶

次は名水で名高い四国霊峰 石鎚山麓の愛媛県西条市の石鎚酒造の

石鎚(いしずち)

揚げ物終えてニギリに参ります

石鎚二合目をおかわりから

松山沖のヒラメ

瀬戸内のサヨリ

一貫ですが、余りにもフォルム美しくて・・・

味もサヨリの歯応えと旨味が凝縮されていてシャリとのマッチングも◎

松山沖の四日寝かしたマイカ

ネットリとしたマイカを噛み締めるとシャリと絡み合い美味也✨

瀬戸内のアジ

五日寝かした大間マグロ赤身

良質なマグロ特有の鉄分、酸味が堪らなく心地よい

からの石鎚(いしずち)おかわり🍶

日本酒の品揃えも豊富で良心的な設定

親方の真摯な生き方が感じられますね✨

からの?

七日寝かした大間マグロ中トロ

サバ棒鮨

七日寝かし熟成させた瀬戸内のサワラ

福井県の地芥子で

車海老

〆はコハダ

小骨多く、味も煮ても焼いても旨くないコハダ

しかし腹身にある小骨裂き酢締めにし鮨ネタとして活用すると抜群の旨さを発揮するコハダ

赤出汁頂き

玉子を最後に

舞台も親方の真摯な人柄も素晴らしく

そしておそらく大学生であろうアルバイト君、さんもが一つの目的の為に気配り目配りを滞りなく自ずから進み自然に遂行出来ている素晴らしさ✨

単(ひとえ)に親方の鮨職人として、経営者、一国一城の主人としての進むべき価値観の共有と親方ご自身の言葉で発する部分と背中で魅せる部分が大きいのかな?

と思いました。

鮨 いの

松山市の繁華街 二番町にあります。

月曜日は定休日ですが、その他日も要予約

生ビール三杯

日本酒四合

上記以外にも多々あり

福沢諭吉二枚

今宵も楽しゅうございました✨

224店目


ecc

ABOUT ME
鮨吉寿司太郎
鮨吉寿司太郎
鮨、寿司、SUSHI、色々ありますが職人さんと客がカウンター越しに目で楽しみ、舌で楽しみ、耳で楽しむことが出来るのが鮨、寿司? アナタの事を思いニギッていますよ face to face eye to eye コレこそが鮨、寿司の醍醐味だと思います。 私の趣味は日本全国、鮨の食べ歩きです? 行った鮨屋は2017.6/10現在、通算129店・・・ 高校3年の春、オヤジに初めて連れて行ってもらった、大阪の亀寿司 仕事帰りのサラリーマンが1日の疲れと明日への英気を養いながらカウンターで鮨を摘んでいました。 アレから約30年、今日も新たな鮨、寿司に出会うため そう、アナタの街の 横丁にある鮨屋 自分だけの鮨屋 自分だけの空間 そう、色んな鮨があっていい 今日も、そんな鮨屋を探しながら・・・