ツアー

PCR検査のあり方

日本女子オープンのPCR検査

指定日が前週の金曜日かその週の月曜日

練習ラウンドは火曜日から

月曜日に受けた人は水曜日からの練習ラウンドになってしまう

これ以外の日程はある程度の費用は負担してくれるようだが、個人で医療機関を探さなければならない

PCRを受けれる会場は東京か福岡

PCRをどこでも簡単にしてくれるならあまり問題はないかもしれないが、東京に行くか福岡に行くか、前に現地に入って時間を潰すか、ほぼ3択

働くためには受けなければならない

だが、受けたところで練習ラウンド中にかかってしまったら意味がないし、試合ごとにPCRの有効期間がマチマチ

なので当たり前なのだが、常にかからないように気をつかう

この世の中、少しずついい方に変わっていくことを願っている

ABOUT ME
渡辺 宏之
渡辺 宏之
1971年6月21日生まれ。神奈川県出身。 東洋大学を卒業後、スキーのインストラクターをしながら小中学の同級生、久保谷健一がプロになったことでツアーキャディーに。 2002年に久保谷プロの2週連続優勝のあと、2003年USツアーに本格参戦。2004年から倉本プロのキャディーを務め、2006年から07年はチャンピオンズツアーに参戦。女子ツアーでは服部道子プロ、古閑美保プロ、諸見里しのぶプロのキャディーを務め、優勝に貢献。 2010年、14年ではシニア賞金王・倉本プロの専属キャディーを務める。 2012、15年度には、I・J・ジャンプロのキャディーを務め、中日クラウンズで二度の優勝 2019年度は、辻梨恵プロ、三浦桃香プロのキャディーをメインで務める。