ツアー

寺西明プロ、日本シニアオープン🇯🇵優勝の真実

兵庫県川西市にある鳴尾GCで開催された日本シニアオープン🇯🇵

寺西明プロの優勝で終わりました。

振り返れば2位が±0だったので、アンダーパーは寺西プロだけ−5のブッチギリ優勝でした。

私がコンビ組ませて頂いた秋葉真一プロ、+2で4位Tフィニッシュ

(A.Mさんthank you)

これだけの選手が出場してアンダーパーは1人

どれだけ難しいか説明いらないと思います。

小さな小さな傾斜ある硬い高麗グリーン

プライベートや練習ラウンドでは気軽に軽い気持ちで攻めていけるんです・・・

しかし試合始まり、初日、2日、3日目、そして最終日と試合の冠と開催コースの歴史があり、それを考えれば考えるほど、重圧としてのしかかってきます。

コレは体験経験した者でないと理解出来ないと思います。

最後は開き直り目の前の1打に集中し開き直り、相手がスコアが誰であろうとコースと対峙するのみ。

に集約されると思うのですが、そう思えない考えられない邪心がスッと脳裏を横切り、胸の奥を駆け巡り居座る・・・

日本オープン、日本女子オープン、日本シニアオープン🇯🇵

日本人選手なら1番優勝したい大会では尚更だと思います。

一昨年、昨年、今年と何試合か寺西プロとコンビを組ませて頂いた私、おこがましいですがトップアマチュアから49歳でプロ入り

そしてPGAシニアツアーシード権獲得、優勝🏆

目に見えなかった実感や勝ちに転換出来るコツ、を掴まれたのではないかな?

と感じました。

ただひたすらにガムシャラに、、からの結果だったと違う鳥瞰図から見る景色のように

寺西プロは、PGAシニアツアーで誰よりも最後まで日没まで練習されます。

一昨年の富士フイルム試合時でした

「他の選手よりゴルフを始めた年齢が遅い、だから練習する身体に覚えさせる絶対量が少ない、、、」


osakasyoun

練習のための練習

そうならない為の裏打ちと、其れ自体が最後の土壇場では、あれだけ練習したんだから!の自信になる。

敷かれたレールを走り目的地に辿り着くもあり

しかし、自分で土固め、砂利敷き固め、枕木並べてレールを造り己(おのれ)という名の列車を走らせて目的地まで向かう生き様

寺西プロの強さの真骨頂でしょうね

時局みると菅総理に通ずるものありますね(笑)

そして寺西明プロ優勝を支えられた。普段は鳴尾GCでキャディされていて、大会中も鳴尾GC独特の芽やクセを見抜き見極め優勝に貢献された

高杉キャディ

優勝おめでとうございました🏆

舞台

歴史

セッティング

雰囲気

試合内容

そして、ココから始まる新たな歴史

全てが最高でした。

大変な事態中で開催頂いた

鳴尾GCメンバー、コース関係者、JGA、NHK、ボランティア全ての方に感謝申し上げます。

そして寺西明プロ、高杉キャディご家族、並びに関係者の皆様

優勝おめでとうございました😀

 


ニチコン


丸安産業


ジャパンクリエイト


osakasyoun

ABOUT ME
小岸 秀行
小岸 秀行
1973年11月8日生まれ。立命館大学経営学部中退。 1995年福澤義光プロのキャディーをきっかけに、ツアーキャディの道へ。過去に岡本綾子プロ、細川和彦プロなど、2008年から5年間矢野東プロと専属契約。2013年からは川村昌弘プロと専属契約し「パナソニックオープン」優勝。 2019年度は女子ツアーメインで参戦する。 通算6勝