ツアー

開幕戦ダイキンオーキッドの新ルール適応

辻梨恵プロオウンネーム入りメモカバー

伊丹空港近くの

「オーサム」という車屋さんのオリジナルメモカバー

このメモカバーにあるヤードエージブックにもサイズの規定が加わった

縮尺の関係上、今までのメモのほとんどが使えなくなった

それと大きく変わったルール

パットの時、ピンフラッグを抜かなくてよいことだ!

初日の初パットのやり取り

「パットの時、旗は抜くの抜かないの?」

辻プロ

「基本、どちらでもいいです。このパットは旗は抜かなくていいです」

他のプロの気のきく帯同キャディ

「旗は抜きますか?」

辻プロ

「あっ!抜いてもいいです」

「せっかくだから抜かないで打ってみようよ」

という具合である

最初は少し変な感じであったが、すぐに慣れてきた

キャディの動きは今までと違って、抜いてあげるのが親切でスムーズなプレー進行であったが、今年からは選手の意向を聞かなければいけないので、結局は選手のキャディが全てすればいい

自分は自分の選手の為に旗を抜く

抜かなくていいときも多いので、歩数的には減ったような気がする

これによって、やはり新ルールはスムーズなプレーの進行に役にたっていると思われる

この流れで、New 辻プロを披露していきましょうね

未来を見据える辻プロ!

 

ABOUT ME
渡辺 宏之
渡辺 宏之
1971年6月21日生まれ。神奈川県出身。 東洋大学を卒業後、スキーのインストラクターをしながら小中学の同級生、久保谷健一がプロになったことでツアーキャディーに。 2002年に久保谷プロの2週連続優勝のあと、2003年USツアーに本格参戦。2004年から倉本プロのキャディーを務め、2006年から07年はチャンピオンズツアーに参戦。女子ツアーでは服部道子プロ、古閑美保プロ、諸見里しのぶプロのキャディーを務め、優勝に貢献。 2010年、14年ではシニア賞金王・倉本プロの専属キャディーを務める。 2012、15年度には、I・J・ジャンプロのキャディーを務め、中日クラウンズで二度の優勝 2019年度は、辻梨恵プロ、三浦桃香プロのキャディーをメインで務める。