グルメ

はつね寿司本店(新潟市)

新潟で初寿司でした。

当然、豊かな漁場が目の前にある新潟県ですが、中々行く機会ありませんでした。

初寿司に選ばせて頂いた店は

はつね寿司本店

良い門構えですね

伝わりますね、親方の寿司に対する構えが・・・

一歩足を

「心で握る」

カウンターに座り、とりあえず生ビールで🍺

佐渡の南蛮エビ

甘エビの名前の方が知られていますが、ムチムチネットリ甘味が怒涛の如く口内駆け巡ります、すり下ろしたてのワサビの香りも🙆‍♂️

生ビールおかわり2杯目

そして

マグロ塩漬け

浸透圧でマグロの雑味が抜け出す塩漬け

マグロの味を堪能出来る調理方法ですね

佐渡アワビ酒蒸し

佐渡で獲れた黒アワビを4時間酒蒸しに

適度な弾力に柔らかな食感、噛み締めるほどのアワビの旨味

ここで日本酒🍶

米どころ新潟では日本酒ですね

新潟県朝日酒造の洗心

柔らかな繊細な透明感ある日本酒です

焼きアナゴ

岩手むらさきウニとキャビア載せて

ズワイガニ

イワシ大葉巻き

寡黙ですが、笑顔素敵な親方

一流の握り手、職人に共通する透き通る様な淡雪のような繊細な手、指

寡黙にツマミ、ニギリに魂込める親方と対照的に太陽の様な笑顔の女将さん

この2人の太陽と月のようなコントラストが見事に反映され居心地良い空間を創っている、はつね寿司本店

次の日本酒は

新潟県長岡市の久須美酒造 「清泉」

夏子の酒で有名になった酒蔵ですね✨

ニギリに参ります

マコ鰈

赤イカ

皮目の歯応えある箇所と身のネットリ部分に刃入れした箇所の違いを口中で感じつつシャリと絡まっていく

アジ

マグロ赤身

マグロ中トロ

コハダ

新潟産バイ貝にスダチを絞り

麒麟山の藁(ワラ)で燻したカツオ

絶妙な加減で燻したスモーキーなカツオ

秀逸なる一品✨

車エビ

煮アナゴ

ノドグロ

南蛮エビ頭の出汁スープ

エビの香り濃厚濃厚

たまご

そして、密かに一番感動したのが・・・

かんぴょう巻き

海苔の香り、シャリとシャリとの間隔=口中での噛んだ時に大事な要因、写真でも分かるシャリの硬さ、断面

親方のお母様ご実家が新潟県燕三条で農家をされていて、そこで収穫されたコシヒカリをコシヒカリらしからぬ炊き方で見事なまでのシャリに昇華する親方の技術

かんぴょうの旨さ

ただただ素晴らしい✨

はつね寿司本店

新潟市中央区大川前通り7-1238

18時〜

日曜日・水曜休み(不定)

今宵も楽しゅうございました✨

206店目


ecc

ABOUT ME
鮨吉寿司太郎
鮨吉寿司太郎
鮨、寿司、SUSHI、色々ありますが職人さんと客がカウンター越しに目で楽しみ、舌で楽しみ、耳で楽しむことが出来るのが鮨、寿司? アナタの事を思いニギッていますよ face to face eye to eye コレこそが鮨、寿司の醍醐味だと思います。 私の趣味は日本全国、鮨の食べ歩きです? 行った鮨屋は2017.6/10現在、通算129店・・・ 高校3年の春、オヤジに初めて連れて行ってもらった、大阪の亀寿司 仕事帰りのサラリーマンが1日の疲れと明日への英気を養いながらカウンターで鮨を摘んでいました。 アレから約30年、今日も新たな鮨、寿司に出会うため そう、アナタの街の 横丁にある鮨屋 自分だけの鮨屋 自分だけの空間 そう、色んな鮨があっていい 今日も、そんな鮨屋を探しながら・・・