ツアー

東京クラシッククラブ&プロキャディのタッグでゴルフ界に元気を‼️

一昨日発売の週刊パーゴルフ

(原英莉花プロ表紙)ご購入頂き、38Pをご覧下さい

実は今春、コロナ禍で男子、女子、シニアツアー開催できずに私含めプロキャディが働き場を無くし困っていた時に、私達プロキャディも経済的に助かり、そして私達の限られたスキル、経験で何かしらの貢献が出来れば・・・

を考えていました。

そんな時ご縁を頂き、東京クラシッククラブにて、プロキャディがメンバー様、メンバー様お連れのビジターお客様のキャディをさせて頂く⛳️

お客様から頂いたフィーの一部から

「千葉県新型コロナウィルス感染症対策本部」

に寄付させて頂く

私達プロキャディを使って頂くメンバー様、お客様には長年ツアー最前線で培ったプロキャディとしてのスキルと経験を楽しんで御満足頂き、笑顔で18Hプレーして頂く⛳️

私達プロキャディは試合開催暗中模索、日々の生活大変ななか経済的に助かる💦

と言う、売り手よし買い手よし世間よしの

「三方よし」

からの特集が、今週の週刊パーゴルフ38ページで特集されています。

詳しくは、ご購入頂きご覧になって頂ければ幸いです🙇‍♂️


osakasyoun

海外名門コースではプレーする時に、そのゴルフ場所属のプロキャディに自分のバッグを担いで貰いプレーするのは普通です。

あの自分のキャディバッグをプロキャディに担いで貰いプレーする18Hの気持ちよさ、昂り、体験した方にしか分からないと思いますが、別格に気持ちいいものです✨

日本では諸事情により中々難しいと思いますが、ご理解頂きプロキャディを指名使って頂いている、東京クラシッククラブメンバー様、そして東京クラシッククラブ西村理事長には感謝の言葉しかありません🙇‍♂️

東京クラシッククラブ・・・

完璧なるメンバーシップコースです。日本では数少ないメンバー自立と自由、その中にもノブレス オブリージュ息づくプライベートコースです⛳️

最後に、東京クラシッククラブ設計した、ゴルフ界の帝王

ジャック・ニクラウスさん

は、この様な言葉を残されています。

「不遇の時期こそ幸運の時期なのだ。私はこの灰色の時期を自分に与えられた鍛錬の機会だと信じていた。」

ジャック・ニクラウス


シニアペット


ニチコン


丸安産業


ジャパンクリエイト


osakasyoun

ABOUT ME
小岸 秀行
小岸 秀行
1973年11月8日生まれ。立命館大学経営学部中退。 1995年福澤義光プロのキャディーをきっかけに、ツアーキャディの道へ。過去に岡本綾子プロ、細川和彦プロなど、2008年から5年間矢野東プロと専属契約。2013年からは川村昌弘プロと専属契約し「パナソニックオープン」優勝。 2019年度は女子ツアーメインで参戦する。 通算6勝