プライベート

感染症対策

キャディパーキングからコース内に入る前に、検温と体調申告エリアがある。

並んでも密にならないように、コーンが均等間隔で置いてある

検温が終わるとステッカーがもらえる

キャディロッカーもコンテナに細かくわかれ、密にならないようにしている

入口には除菌マット

キャディ受付も一方通行

キャディも練習場などではマスク

なので私も誰だかわからない状態

久々に会う人ばかりなのに、挨拶しても反応が皆、薄くなる

キャディ中は熱中症との兼ね合いもあるので、マスクを外しても良いときはあるが、私は徹底的にしている

サングラスしたら全くわからない

元々キャディはかげで選手を支える役なので、黒子みたいでわかりやすい

今度は帽子もウェアも黒くせねば!

ABOUT ME
渡辺 宏之
渡辺 宏之
1971年6月21日生まれ。神奈川県出身。 東洋大学を卒業後、スキーのインストラクターをしながら小中学の同級生、久保谷健一がプロになったことでツアーキャディーに。 2002年に久保谷プロの2週連続優勝のあと、2003年USツアーに本格参戦。2004年から倉本プロのキャディーを務め、2006年から07年はチャンピオンズツアーに参戦。女子ツアーでは服部道子プロ、古閑美保プロ、諸見里しのぶプロのキャディーを務め、優勝に貢献。 2010年、14年ではシニア賞金王・倉本プロの専属キャディーを務める。 2012、15年度には、I・J・ジャンプロのキャディーを務め、中日クラウンズで二度の優勝 2019年度は、辻梨恵プロ、三浦桃香プロのキャディーをメインで務める。