ツアー

河本結プロとISPSオーストラリア女子オープン🇦🇺

カラッと爽やかなオーストラリアの気候を満喫しているノリです^_^

今週はISPSオーストラリア女子オープン🇦🇺がロイヤルアデレードゴルフクラブで開催です。

先週のメルボルンの空港からは約700㌔

大きなオーストラリア大陸なので移動手段は飛行機が主流です。

ただ広大なバカでかい砂漠をバイクでツーリングする人も凄くいるそうなんですよ🏍

日本も南北には海域も併せると大きいかなぁ〜と思っていましたが、やはり

移動してきて街中歩いていると・・・

何か、慣れ親しんだ空気を感じたら?

 


pxg

 

osakasyoun

 

キャディーのオギチャンがいました🤣

さて(笑)

ザ ロイヤル アデレードゴルフクラブ

めちゃくちゃ歴史あるゴルフ場なんですが、設計者はアノ有名なアリスタ・マッケンジー

そうです、ロイヤルメルボルンやマスターズでもお馴染みのオーガスタナショナルを設計したアノ方なんです。

要らない人工物全く無く、こんな現代でも難しく素晴らしいと感じるコースを、1926年のマッケンジーさんが改修した時に予想して設計したのかな?

なんて思いました。

コース内には?

1時間、2時間に1本通るのでなく20分おきぐらい、頻繁に列車が通過します。

日本だったら、鉄条網で囲って、踏み切り入れて、注意の看板を何箇所にも設置しますよね

ゴルフと一緒で自己責任の文化があるオーストラリアやイギリスなどと違うところ、海外に来たら逆に日本が良く見えます・・・

今回もヤハリ風対策ですね、あとグリーン

日本のグリーンと違い、同じ所を通過してもイレギュラーしてしまうこと多々あります。

だからこそ、長いパットでの距離感を重視しなければダメなコースだと思いました。

ロングパットを1㍍に寄せるのと、2〜3㍍しか寄らないのは、4日間トータルで考えたら大きな「差」が生まれます。

ロングパット、パッティングの距離感重視、初めてのコースだったら僕はコレが1番大事なんじゃないかな?と思います。

日本の皆さま、ISPSオーストラリア女子オープン🇦🇺

河本結プロの応援宜しくお願い致します!

 


シニアペット


銀座デンタルホワイト


ニチコン


丸安産業


ジャパンクリエイト


pxg


osakasyoun

 

ABOUT ME
清水 重憲
清水 重憲
1974年7月10日生まれ。近畿大学ゴルフ部出身。 1998年に田中秀道プロのキャディーを務め、日本オープンなど年間6勝をあげる。2007年には谷口徹プロ・上田桃子プロキャディーで男女ツアー両賞金王キャディーになる。 2019年度は男子ツアーでは堀川未来夢プロ、女子ツアーでは新垣比菜プロとメインでコンビを組む。 通算36勝