ツアー

宮里藍サントリーレディスオープン

今週の女子ツアーは宮里藍サントリーレディスオープンです。第1日は絶好のコンディション、天気は晴れ、風も弱い中行われました。例年好スコアが出ていますが、やはり今年も出ています!今回はテレビでも放送される終盤のホールを見てみましょう。

No.16 160ヤード PAR3

池が絡むPAR3。ミスショットはもちろん、風の読みも間違えたら、グリーン周りに池やバンカーなどがありますから、トラブルになることもあります。ピンのある面に行かないと難しいパッティングやアプローチが残ってしまうことが多いです。おそらく最終日は左手前の面にカップが切られると思います。手前から左にかけて池がありますが、グリーンはセンターから左にも傾斜していますので、多くの選手はこの傾斜を上手く利用して狙ってくることでしょう。これだけ上手い選手が沢山いればバーディーだけでなく、ホールインワンも見られるかもしれませんよ!

選手のスコアも順位も大きく動くホールになりそうですね。

No.17 521ヤード PAR5

 


pxg

 

こちらのホールは昨年は1番易しいホールでした。飛距離の出る選手はティーショット次第で2オンを狙え、飛距離の出ない選手でもティーショット、2打目をしっかり打てれば100ヤード以内から3打目を打てますからスコアが出るのでしょう。

ティーショットではどの選手もまずは飛ばすことを考えているハズです。フェアウェイにあれば2打目はグリーンまで100〜130ヤードのところにあるバンカーは関係無いと思うのですが、そのボールがフェアウェイに無かったときに色々考えることが多くなってきます。左ラフから打つことは少ないと思うので省きますが、右バンカーや、右ラフから2打目を打つときに気をつけることとしては先ほど出てきたバンカーをクリアすること、そこをクリア出来た場合、その先の右サイドのバンカーに入らないよう気をつけることです。クリア出来ない場合はそのバンカーの右側の狭いフェアウェイへ打っていかないといけないので、その2ヶ所のバンカーを避けるようにしてフェアウェイに刻むのが意外と難しいのです。しかしティーショット時のプレッシャーはそれほど無いのでスコアが出やすいのかもしれません。

バーディー合戦の試合ではバーディーでなければいけないホールですね!

ここに出ている選手たちに大きな影響を与えた宮里藍が冠のこのトーナメント。誰もが勝ちたいと思っていることでしょう。

バーディー合戦の様相を呈していますので、1R終了時点で見てみるとカットラインはイーブンパーになりそうです。守りに入らずガンガン行けた選手が上位に行けるのでしょうね!

 


pxg

 

ABOUT ME
関根 淳
1975年5月24日生まれ。通算3勝。 空気のような存在で、終わってみれば『そう言えばいたなぁ〜』と言われるぐらいの存在でありたい!2021年はこのスポともgc通信と共にClubhouseからキャディー皆んなで現場の声をお届けします。 2010年からは丸山茂樹プロ専属キャディーを務め、2012年からは山下和宏プロ専属キャディーとしてツアーに参戦。2021年は星野陸也プロを中心に阿久津未来也プロ、仲宗根澄香プロのキャディーを務める。