ツアー

春リーグを徹底解剖 弐 ~立命館大学ゴルフ部~

こんにちは。

ゴルフ部3回生の石巻です。

今回も選手とキャディーにインタビュー形式で春リーグを徹底解剖していこうと思います!!!

第2回はゴルフ部3回生のエース寺田麗紅斗選手です。

【石巻】キャディーの木村とは移動中はどんな会話をしていましたか?

【寺田】基本的に何気ない世間話をしていました。

【石巻】中川選手とは真反対だね。キャディーの木村のお陰で助かった場面はありましたか?

【寺田】ありました。ボギー打った時にテンションを盛り上げてくれました(笑)

【石巻】それはうれしいですね。精神的にも助けてくれたんですね。次期副主将としてプレッシャーはありましたか?

【寺田】次期副主将というよりはチームのエースとしてスコアを出さないといけないというプレッシャーはありました。

【石巻】そのプレッシャーの中で78.73.74のスコアを出せるのはすごいと思います。ピンチの時は多々あっと思うんだけど試合の時はどんな感じで切り抜けましたか?

【寺田】ピンチの時こそキャディーの木村と喋りながらピンチを乗り越えました。

【石巻】キャディーの木村と本当に仲がいいんですね。ボギーやダボを打った時は次のホールではどのように気持ちを切り替えていましたか?

【寺田】ダボはロストの1回だけだったのでそんなに気持ち的には変わらなかったです。強いてゆえばボギー打ってしまった時はキャディバックを担いで流れを変えていました(笑)

【石巻】それは面白いですね。最後に夏にある2部リーグの意気込みをお願いします!

【寺田】2部リーグはストローク戦になるので、1打1打集中して頑張りたいと思います!

【石巻】ありがとうございました!!!!2部リーグでは頑張ってください!!!!!!!

次にインタビューを行ったのは2生の木村昂大選手です。彼は大学からゴルフを始めベストスコアは94です。

高校時代は野球部に所属していました。

【石巻】コースにでているときはキャディーと選手はどんな会話をしていましたか?

【木村】本当に何気の無い会話です。ゴルフの話はしていません。

【石巻】そうなんだね。逆にそのおかげで選手はいいスコアが出せたのかもしれないね。キャディーとしてどのようなことに気を付けましたか?

【木村】選手が気持ちよくプレーできるように気を付けました。

【石巻】目標は達成しているね。選手の調子が悪いときはどのように声掛けをしましたか?

【木村】悪かったホールの事は忘れて、すぐに切り替えて次のホールの事だけを考えるように声掛けをしました。

【石巻】キャディーとして春リーグに貢献できたと思う点、反省する点は何ですか?

【木村】貢献できた点としては心の支えになれたかなと思います。自分にできることはそれぐらいなので…。反する点は1日目の2ラウンド目が体力的にとてもきつく、言葉数が減ってしまったことですかね。選手のほうが疲れているので、そういう時こそ言葉をかけなければいけないと思いました。

【石巻】カッコイイね!次回からはどのようなことを意識してやっていきたいですか?

【木村】ゴルフのことをもっと理解し、プレー面でも選手を支えられるようになりたいです。

【石巻】インタビューありがとうございました。今後も日々精進してレギュラーメンバーに入れるように頑張ってください!!!!!

以上寺田選手とキャディーの木村選手のインタビューでした。

中川選手とはまた違ったゴルフスタイルは大変興味深いものでした。

次回も春リーグを徹底解剖していきます。

長文読んでいただきありがとうございます。

ゴルフ部3回生の石巻でした!

 

立命館大学ゴルフ部のLINEアカウントを開設しました。
ご登録のほど、よろしくお願いいたします!

友だち追加

 

ABOUT ME
立命館大学ゴルフ部
立命館大学ゴルフ部
立命館大学ゴルフ部 関西学生連盟男子一部リーグ、女子二部リーグ 現在、1回生から4回生までで56人の部員が所属。そのうち8割がゴルフ初心者