ツアー

初めてのツアーバイト ~立命館大学ゴルフ部~

こんにちは。

立命館大学ゴルフ部4回生の大山力也です。

今回はツアーバイトについて話します。

先日行われた、関西オープン。このバイトに、私と後輩二人の合計3人で参加して来ました。

今回は、KOMAカントリークラブにて開催され、私は高橋賢プロに4日間つくことになりました。

初めてのツアーキャディーに、緊張していた私はどの様にプロの方のキャディーを務めて良いか分からないまま顔合わせへ、、、

毎日の仕事はスタート時間の1h30m前から始まります。基本的にはバックにまつわる選手の全ての身の回りを管理し、選手のプレーをサポートすることがお仕事です。

初日は緊張の連続でした。

まず、音を立ててはいけない。基本的かつゴルフのキャディーでは当たり前のことですが、これがまた緊張します。

バンカーは真っ平らになる様に、慎重に、綺麗に綺麗に、、、

バックの位置、歩く際のアイアンのぶつかり合う音、全てに気を使い業務にあたる。

今年でキャディーは4年目になりますが、この日は一番緊張したことを覚えています。

その日は疲れて、すぐに寝てしまいました(笑)

2日目に入ると、少しずつツアーキャディーの仕事に慣れて来たのか、選手のプレーに目を向けることができました。

まず感じたのが、学生とは圧倒的にレベルが違うと言うこと。

当たり前ですが、ここまで違うのかと正直驚きました。

狙えるところは確実に狙い、耐えるところは確実に耐える。この二つを18ホールきっちりと、気持ちを切らすことなく遂行できる。これがプロの条件なのかなと感じました。

学生の試合を見ていても、途中で気が抜けている選手が中にはおり、最後まで緊張感を持ってプレーをできている学生は全員ではありません。

しかし、プロの方はゴルフを仕事にしているため、ゴルフに対する姿勢は明確に違うと感じました。

当たり前のことを書いていますが、私自身この当たり前すぎる発見が、初日と2日目の大きな発見です。

シャフトにこだわり、パターにこだわり、ゴルフにこだわる。これの究極がプロゴルファーの最低条件であると思います。

僕はこれまで、他の人よりもクラブにはこだわってきました。しかし、練習が他の人よりも足らずスコアを伸ばせませんでした。

しかし、本年度に入って練習をしっかりと行い、なんとかベストスコアを更新することができました。プロから学んだ、ゴルフに対する精神、向き合い方、これは私にとって大きな成長になりました。

次回の投稿では、高橋賢プロの実際のプレーに着目して、技術的な発見やプロの方々のコースの攻め方、学生との違いに着目していきます。

大山力也

 

立命館大学ゴルフ部のLINEアカウントを開設しました。
ご登録のほど、よろしくお願いいたします!

友だち追加

 

ABOUT ME
立命館大学ゴルフ部
立命館大学ゴルフ部
立命館大学ゴルフ部 関西学生連盟男子一部リーグ、女子二部リーグ 現在、1回生から4回生までで56人の部員が所属。そのうち8割がゴルフ初心者