ツアー

バンカーショット劇的に⁉の答えは・・・

今週は千葉県の総武CCでのダイヤモンドカップ

堀川未来夢プロキャディです。

昨日のノリの記事でもありましたが、先週の中日クラウンズで堀川未来夢プロは4日間でバンカーに10回入ったのですが、何と9回セーブ!

驚異的なサンドセーブ率です

そして、そのバンカーショットの劇的なヒントをくれたのが、武藤俊憲プロだったんです😄

ダイヤモンドカップ、コースのバンカー練習でもめちゃくちゃ良い音がするんです。

 


pxg

 

武藤俊憲プロから言われたのが

1、必ずバンスを使うこと

2、インに引いてしまう癖があったので、出球強くなる為、アウトサイドに上げる

3、バンカーショットした後の飛ぶ砂の量、飛ぶ砂の方向をイメージすること

本当に未来夢プロ、バンカーショット上手くなっていました。

トッププロ同士だからこそ伝わる言葉でしょうが、これも男子ツアーの魅力です。

磨き抜かれた技術論を言葉にして表すことが出来る。

今季、私の男子ツアー開幕戦、楽しませて頂いております😄

 


シニアペット


銀座デンタルホワイト


ニチコン


丸安産業


ジャパンクリエイト


pxg

 

ABOUT ME
小岸 秀行
小岸 秀行
1973年11月8日生まれ。立命館大学経営学部中退。 1995年福澤義光プロのキャディーをきっかけに、ツアーキャディの道へ。過去に岡本綾子プロ、細川和彦プロなど、2008年から5年間矢野東プロと専属契約。2013年からは川村昌弘プロと専属契約し「パナソニックオープン」優勝。 2019年度は女子ツアーメインで参戦する。 通算6勝