ギア

新発想!高重心ウェッジ

こんにちはサムライです。

本日は今までに無かった発想のウエッジをご紹介

大阪に本社をかまえるレアルスポーツさん

代表の吉田さんはJGTOのツアープレーヤーで

チャレンジツアーにも参戦していたプロゴルファー。

現在はクラブ制作の他にレッスンも行い、生徒さんの生の声を

クラブ制作に反映させています。

そんなレアルスポーツさんのゴルフブランド

「Grandistaグランディスタ」のウェッジ

今までのウェッジとどこが違うのか?ですが

重心が高く、重心距離が短いという点です。

通常のSWのヘッド重量は約300gに対しグランディスタは約305g

5gの違いですがこの数字以上に性能に差が出ます!

なぜか?と言うとヘッド本体は約290gでとても軽く

ネック(ソケット)に15gのタングステンソケットがつくため

重心が高くなり、短くなる仕組み。

通常のソケット

素材:セルロイド 重量:1~2g

グランディスタのソケット

素材:タングステン 重量15g(セルロイドの約10倍の重さ)

ウェッジに悩みを抱えるゴルファーがお助けクラブを想像すると

ソール幅が広く、重心が深く低いモデルが一般的ですね。

重心が深く広いとクラブヘッドは下の写真の様な動きをしやすくなります。

この方向だとダフリ、すくい打ちの方向に動き、悪い動きを助長します。

このグランディスタは高短重心のため下の写真の様な動きをしやすくなり

結果、ハンドファーストに打ちやすくコンタクトしやすい結果になります。

ミスをしても結果の出るクラブを選ぶか、

ミスを減らし原因の動きを改善させるクラブを選ぶか、

ウェッジに悩むゴルファーは一度試す価値はある商品ですね。

では

埼玉県朝霞市幸町2-5-23

TEL048-423-7750 FAX048-423-7751

ゴルファーズ・ガレージ・サムライ

WEB:http://samurai-golf.net

 


samurai

 

ABOUT ME
ゴルファーズ・ガレージ・サムライ
ゴルファーズ・ガレージ・サムライ
■氏名 枝松 和健(えだまつ かずたけ) ■経歴 スポーツ専門学校にてゴルフ技術及び理論を学び、栃木県内ゴルフ場にて研修生を経て大手ゴルフスクールのヘッドレッスンプロとなる。 レッスン活動と並行し、レッスン生各々のスイング・体力・体型に合わせた、ゴルフクラブの調整・製造に携わり、2000本以上のクラブを手掛ける。 その後ゴルフショップ店長及びクラフトマンを務め、プロゴルファーやトップアマ、アベレージゴルファーのクラブ組立・調整を行い、ゴルファーズ・ガレージ・サムライ設立に至る。 パーツブランドを中心に年間100機種以上を試打し、パーツ特性を深く理解すると共に、レッスンプロとして多くのアマチュアを見続け、スイングも深く理解する数少ないゴルファーの一人。 丁寧なカウンセリングを基に的確なフィッティングで、クラブによるスイング向上にも努め、ゴルファー各々に合ったクラブを「細やかに」「美しく」組み付ける仕事には業界内にも定評があり、レッスンプロ向け「クラブ理論」の講義も行っている。 不定期ですがYOUTUBEにて地クラブの試打動画も公開中。 https://www.youtube.com/user/GolfersGarageSAMURAI