ツアー

奇跡の1打

アクサレディース

宮崎市出身の三浦桃香プロは、やはり注目される

地元紙には大山志保プロと並んで記事にされている

(その三浦プロの横に並んでいるのが私! 出身は埼玉!ではなく神奈川)

今週からドライバーのシャフトを「TENSEI」に変え、天性の飛距離を引き出している

練習では、ショートホールであわやホールインワン

ピッチマークが10㎝手前

初日の最終ホール18番パー5では、キャロウェイドライバー「FLASH」が火を吹き2オンに成功

見事イーグル

このイーグルは、ピンまで223ヤード

手前に木があり、フェアウェアに刻むには木越えを打ち、3打目も100ヤードくらいの残ってしまう状況

ピンは池ギリギリに切ってある

なら、左からおもいっきり行ったほうがいい!と意見が一致

もしちょっとフェードがかかったらラッキー!

そしたらフェードがかかりナイスオンしてしまった

今日のイーグルは一人だけだったので、いい上がりができた

明日も程よく回り、今シーズン初の通過

そして、最終日にはUMKのコースに桃の香る花を咲かす

(右端に、桃の香る花が咲いています)

ちなみに三浦桃香プロは、桃アレルギーで食べれないので注意

ただ花は大好きです

 

ABOUT ME
渡辺 宏之
渡辺 宏之
1971年6月21日生まれ。神奈川県出身。 東洋大学を卒業後、スキーのインストラクターをしながら小中学の同級生、久保谷健一がプロになったことでツアーキャディーに。 2002年に久保谷プロの2週連続優勝のあと、2003年USツアーに本格参戦。2004年から倉本プロのキャディーを務め、2006年から07年はチャンピオンズツアーに参戦。女子ツアーでは服部道子プロ、古閑美保プロ、諸見里しのぶプロのキャディーを務め、優勝に貢献。 2010年、14年ではシニア賞金王・倉本プロの専属キャディーを務める。 2012、15年度には、I・J・ジャンプロのキャディーを務め、中日クラウンズで二度の優勝 2019年度は、辻梨恵プロ、三浦桃香プロのキャディーをメインで務める。