プライベート

しんちゃん’S eye -ニチレイレディス-「袖ヶ浦カンツリー新袖コースで重要なホールとは!?」

おはようございます。

今週はニチレイレディースで『濱美咲プロ』のキャディーをします。

開催コースは袖ヶ浦カンツリー新袖コース!
林にセパレートされた林間コースでグリーンが小さいというのが特徴です。

林間コースなので、ティーショットはもちろん重要なポイントですが、グリーンが小さいのでセカンドからのアイアンショットの正確性も要求されてきます。

18ホールの中で僕が重要だと思うホールをいくつか紹介させてもらいます。

まずは12番!

2991
406ヤードのパー4なんですが、距離がある上にジワリと打ち上げていて、セカンドショットはユーティリティかFWで打つことに。
さらにグリーンがお碗のような形でなかなかボールがグリーン上に止まりません(涙)

なんとかパーで切り抜けたいホールです。

2992
次に13番404ヤードのパー4!
2993
ここもジワリと打ち上げていて、右に行くと大きな木がスタイミーとなりグリーンを狙えません。
左サイド狙いなのですが、左のバンカーに入るとこれまたグリーンを狙えない状況に。ここもパーで切り抜けたいですね。
2994

最後に16番408ヤードのパー4!

2995

ティーショットがフェアウェイの真ん中から右半分に行っても前方の大きな木があり、木の上を越えるクラブだとグリーンに届かない。木の左からスライス系のボールで狙うしかないのでは。

2996

ほとんどの選手が左のラフ狙いでくると思われますので、その辺りも参考にしてゴルフ中継を楽しんで頂ければと思います!

明日は10HのAM08:40スタートです。
頑張ります!
ABOUT ME
森本 真祐
森本 真祐
1973年10月11日生まれ。札幌学院大学ゴルフ部出身。 父はシニアツアーで活躍し、関西プロゴルフゴールドシニア選手権優勝なども果たしているプロゴルファーの森本俊治氏。 森本キャディー自身、桑原克典プロキャディーとして1996年よりツアー参戦。その後、谷口徹プロキャディーとして賞金王キャディーに。 Mastersにも2度参戦し、その後近藤共弘プロ、佐伯三貴プロキャディーを務める。 アン・ソンジュ選手とのコンビでは15勝をあげ、賞金女王キャディーにもなる。2015年からは上田桃子プロ、成田美寿々プロキャディーとして女子ツアー参戦。コンビ組み早々のスタジオアリス女子オープンで成田プロと優勝し、通算25勝目をあげた。 2017年度は上田桃子プロ専属キャディとして参戦!!2017年中京テレビ・ブリヂストンレディスでは上田桃子プロと通算26勝目をあげる。 2018年は鈴木愛プロ、成田美寿々プロ、畑岡奈紗プロで年間4勝をあげた。 通算31勝