ツアー

ケビン・ツウェイが開幕戦を制す!

2018-2019米PGAツアーが先週末開幕しました。

タイガーウッズのTour Championship優勝で幕を下ろした昨シーズンの余韻がまだ残る中、熱い闘いが繰り広げられました。

昨シーズンのFedexCupプレイオフ直前のシーズンフィナーレで優勝したスネデカーが最終日IN突入後にリードを5打差に広げ誰もが優勝間違いなしと思っていました。そこからスネデカーの悪夢が始まり、最終日の上がりの2ホール連続バーディで回ったツウェイ、ベテランのモアと何とか18番をバーディで終えたスネデカー三選手によるサドンデス・プレイオフとなりました。

プレイオフ最初のホールはスネデカーがパーで脱落。

2ホール目はモアとツウェイ両者譲らずバーディ。

3ホール目10番パー4、ツウェイはツーオンならずもグリーンエッジからパターでねじ伏せてバーディで優勝!

ケビン・ツウェイは1986年の全米プロ覇者のボブ・ツウェイの息子で、この優勝でPGAツアー史上10組目の親子優勝を果たしました。

優勝インタビューでは「父が一番喜んでいると思う。今テレビを前に間違いなく涙を流しているよ」と語っていた。

2018-2019シーズン、様々なドラマが繰り広げられる事、間違い無し!

松山・小平両選手の活躍も楽しみです!

 

 

ABOUT ME
フランク 早川
フランク 早川
1963年1月17日生まれ。 1978年単身アメリカに留学。 1986年ラ・サール大学理学部生物学科卒業 1987年 鐘紡株式会社入社 1992年Kanebo Information Systems Corp. (USA) 出向 2000年 同社社長就任 2007年 ニューヨークにてDouble Eagle Solutions(IT Consulting会社)起業現在に至る ゴルフ歴25年、とにかくゴルフをこよなく愛しています。週末は必ずゴルフをしないと震えがくるゴルフ依存症の54歳、40台の頃はニューヨークで五本の指に入る腕前で今でも多くのアマチュア大会に参戦している。現在のハンデは7と低迷しているが、ニューヨークのアマチュアゴルフ界では知らないものはいない存在。 過去10年は、PGAツアー並びにUSGA Championshipにてスコアラーのボランティアにも力を入れており、FedexCup Playoff、PGA Championship、US Openの上位グループのスコアラーも任されるようになった。 クラブフィッター、ティーチングプロ、ローカルPGAプロ、スポーツセラピストとの交友も深く、常にゴルフ関係の動向にアンテナを張って生活している。