プライベート

夏疾風 今を駆け抜ける若人たちよ

暑中お見舞い申し上げます

サニーは、故郷の徳島に帰省しております

我が故郷、大海原に面する宍喰は最近、京阪神からのサーフィンする若もん達が沢山押し寄せとる

何でも熱中出来るってええな

そう、毎日毎日、熱闘甲子園見とりますよ

ジャン兄ぃ〜も一昨日、帰省してな

私は高知空港までお迎えにあがりましたよ、先輩後輩は一生変わらんからな(笑)

久しぶりに故郷で、ジャン兄ぃ〜ともゴルフや色々な事を話せました

そう、甲子園な

今年で100回記念大会迎える、夏の甲子園

甲子園始まる前からテレビでは、剛泣甲子園やらの特集番組あったりで、否が応でも盛り上がる雰囲気マンマンやったよな

実際試合始まっても、やはり盛り上がっとる

中、四国地区スカウト総担当しとるサニーやから、キラ星の如く輝く将来間違いなくプロ野球でも活躍する選手を発掘するんも楽しみの1つよな

岡山の創志学園の西投手のストレートと闘志溢れる投球な

あの負けん気はプロ向きよ

金足農の吉田投手、器大きい投手になるよ、重いストレートで勝てる投手ですよ

野手では大阪桐蔭の根尾選手な

走攻守、長嶋さんや、松井稼頭央、イチロー、今でいうヤクルトの山田哲人みたいにな、3割30本30盗塁

いや、3割40本40盗塁目指せれる選手やわ

外角に逃げるスライダーにもカラダ開かんと正対してレフトに打てるしな、ピッチャーとしても素晴らしいみたいやがな、ショートストッパーで進むべきや思う

ピッチャーとしても素晴らしい思うが、少し上背が足りん思う

ピッチャーは上からの角度、横手同視線からの変化、下手、アンダーからの角度無いとプロ野球では厳しい

ピッチャーで上背ないと横の変化と縦の変化も効果的に使えんのよ、だからショートストッパーでな

また眉毛繋がり、精悍な顔つきしとる

戦人やな

あと、地元 古豪 報徳学園の小園君な

韋駄天 小園や!

ほら速いよ、シングルヒットでもセカンドまで行きよるし、常に次の進塁や何をすべきか、出来るか?がカラダ中から溢れとる

また、こういう阪急の福本さんや、阪神の赤星な

も調子悪くなったら、そうなんやが当てるだけのバッティングになる時あるんやが、その気配感じられんのよ

福本二世やな

 

 

全米プロも見なアカンし、忙しいよ(笑)

しかし、よう言うやろが?スィングやピッチング、バッティングなんかでも「軸」が大事やてな

間違いなく、その通りよ

一流選手には「軸」がある。

しかし、「軸」とは、形だけのもんだけやない

内面、精神面、考え方、生き方にも「軸」が絶対必要なんよ

よく戻ってこれる場所言うやろが

そこの場所を逃げの場所やのうて、リセット出来る、次の一手、二手を考えられる場所な、基地にしないとアカんのよ

ジャン兄ぃ〜が、日の丸背負って海外で戦ってきた日々、彼の方は比叡山延暦寺の千日回峰行の酒井大阿闍梨と色々な話したり、色んな沢山の本を読んで内面の「軸」を練っていたんよ

全ては、こうしたい!じゃーこうせなあかん

いう、努力創意工夫の元から産まれたもんよ

人から与えられた、受動的なもんとは訳が違う

だから本物の強さがあったし、内面から滲み出る味があったんちゃうかなぁ〜

と最近思うんよ

大海原の向こうに入道雲が見えとる

天高く

雄大な

心ん底から夏を感じながらな

夏疾風

 

 

 

 

ABOUT ME
佐野木 一志
佐野木 一志
1948.2.12生まれ。徳島県出身、愛媛県松山市在住。 1964年、選抜高校野球大会では徳島海南高校一塁手として全国大会優勝を果たす、 このエースでマウンドにいたのが尾崎将司・・・・ 早稲田大学野球部時代は都の西北に美男子佐野木有り。 と言われたとか言われなかったとか ジャンボ尾崎専属キャディーとして 通算32勝、賞金王・海外メジャーでも常に現場にいた。 ゴルフを愛する気持ち、熱い思いと現場に拘ってきた、 それこそが佐野木ズム。