ツアー

アイアム ナサ・ハタオカ フロム イバラキ ジャパン!

 

先週末開催されたLPGAキングスミル・チャンピョンシップ、畑岡奈紗選手がプレイオフ2ホール目で敗退、2位で大会を終えました。

初日から話題を提供してくれた奈紗ちゃん、17番パー3でホールインワン!大会二日目で同ホールであわや二日連続のホールインワン!2位タイで最終日を迎えました。

天候の関係で54ホールに縮小された大会最終日、最終組でも落ち着いたプレイを重ねていて、ツアーのベテラン選手を見ているようでした。

こちらの放送ではNASAという名前について最高な名前だと絶賛すると共に、命名のバックグラウンドなども紹介していました。前回の小平選手の時と大違いで、全ホール全ショットが放映されていました。

その中で笑顔の奈紗ちゃんの自己紹介ビデオが流れ「アイアム ナサ・ハタオカ フロム イバラキ ジャパン…」なんかテレビを観ながら僕自身も微笑んでしまいました。

今回は残念ながら2位でしたが、次につながる良い経験したと思います。

来月の全米女子での活躍、そしてLPGAでの初優勝を見たいです。

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
フランク 早川
フランク 早川
1963年1月17日生まれ。 1978年単身アメリカに留学。 1986年ラ・サール大学理学部生物学科卒業 1987年 鐘紡株式会社入社 1992年Kanebo Information Systems Corp. (USA) 出向 2000年 同社社長就任 2007年 ニューヨークにてDouble Eagle Solutions(IT Consulting会社)起業現在に至る ゴルフ歴25年、とにかくゴルフをこよなく愛しています。週末は必ずゴルフをしないと震えがくるゴルフ依存症の54歳、40台の頃はニューヨークで五本の指に入る腕前で今でも多くのアマチュア大会に参戦している。現在のハンデは7と低迷しているが、ニューヨークのアマチュアゴルフ界では知らないものはいない存在。 過去10年は、PGAツアー並びにUSGA Championshipにてスコアラーのボランティアにも力を入れており、FedexCup Playoff、PGA Championship、US Openの上位グループのスコアラーも任されるようになった。 クラブフィッター、ティーチングプロ、ローカルPGAプロ、スポーツセラピストとの交友も深く、常にゴルフ関係の動向にアンテナを張って生活している。