プライベート

徳島新聞  県南ニュース

 

徳島新聞県南ニュース

県内の宍喰町では、お盆を控え、佐野木、山田両氏による恒例の尾崎家墓掃除、庭木の剪定が行われました。

気合い充分の両氏でしたが、折からの酷暑に熱中症でダウン

玄関でへたり込んでいると、通りすがりの婦人の麦茶の差し入れで何とか無事に終えることが出来ました。

肉体労働後の、生ビールは最高!と両氏

「このような素晴らしい機会を毎年与えてくれる大先輩に感謝です!」

と、佐野木氏

来年も恒例の行事として、執り行なわれる予定。

以上、徳島新聞 県南ニュースでした。

いうんを、智春(尾崎智春さん)にメールしたら、横に偶々、ジャン兄ぃ〜がいてな、大爆笑やったらしいぞ(笑)

しかし、聞き飽きとるかもしれんが、暑いよな

サニー、はご覧の通り、松山から故郷の徳島、宍喰に帰ってきとる

幾つになってもな、潮の香りと山の向こうが夕陽に染まり1日を終えていく、景色は美しいし、生きとる素晴らしさを実感しますよ

最近は、サーフィンする方々が沢山、我が故郷においででな、サニーん家から100メートル行けば海やしな、賑わっとるよ

しかし、宍喰唯一のサウナある、ホテル リビエラな

2日に一回しかサウナ入られんし、最近は水風呂の冷たさも甘うなっとるよ

社長、ご再考お願い致します!

暑いのに、海に入ったら体がベトベトするからな、四万十川をも凌ぐ、清流 海部川の淵になザブ〜ん、て浸かるんよ

ホラ、気持ちええど

プカーッ浮いたり、潜ったりでな

多摩川のタマちゃん、海部川のサノちゃんかな(笑)

故郷を満喫しとりますよ、はい

少しゴルフの話、しよか?

トメ(宮本勝昌プロ)やろ?

テレビ方なかったから見とらんが、最終日−9てか?

20数年間第一線で闘うとる、すごいよ

それも、トメなんかカラダ、ええやろが?

だからケガせんからな、産んでくれたお母様と、仕込んでくれたお父様に感謝やな

藤田(藤田寛之プロ)、徹(谷口徹プロ)、タイチ(手嶋多一プロ)、なんかもスゴイよ

恐れ入谷の鬼子母神だよ!

トメの笑顔は100万ドルの笑顔てか?

ちゃうよ、トメの笑顔は100万ドルの歯並びだよ(独りで大爆笑)

素晴らしい歯並びです、竜二(今田竜二プロ)と共に東西両横綱ですよ

トメなんか、競馬好きやろ、坂路調教でシレーッとな、パドックでも心ここに在らず、みたいな感じやが、得意の流れんなったらな、最後の直線で捲る

最初からガンガン行かんとな、メジロパーマーよりナリタブライアンの脚力ですよ

で、メジャーもな複数回勝っとるしな

有馬記念は、ゴルフで言うたら日本オープンか?

トメブライアン、今年の日本オープン来るんちゃうか?

これ言うたらアカンがな、若手選手には、プロスポーツ選手、プロゴルファーとしての役者魂持ってな、自分のスタイルな

トメなんか雰囲気あるやろが

だから、まず若手の選手な

歯並びからですよ、プロゴルファーは歯が命!

ほなな

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
佐野木 一志
佐野木 一志
1948.2.12生まれ。徳島県出身、愛媛県松山市在住。 1964年、選抜高校野球大会では徳島海南高校一塁手として全国大会優勝を果たす、 このエースでマウンドにいたのが尾崎将司・・・・ 早稲田大学野球部時代は都の西北に美男子佐野木有り。 と言われたとか言われなかったとか ジャンボ尾崎専属キャディーとして 通算32勝、賞金王・海外メジャーでも常に現場にいた。 ゴルフを愛する気持ち、熱い思いと現場に拘ってきた、 それこそが佐野木ズム。