グルメ

寿し  門司(もんじ)

 

6月某日

今日で3日続けての寿司。

大阪ミナミを出発し、北新地に店を構える

寿し  門司(もんじ)


関西在住の皆さまでしたら、分かって頂けると思うのですが、大阪もキタとミナミでは全く雰囲気や店も違います

キタの繁華街が北新地、東京でいえば銀座

梅田、堂島、中之島etcといった大きなビジネス街擁するので、北新地の店は、どちらかといえば堅い、クール、保守本流的な雰囲気があります

それに比べ、関西以外の方が大阪をイメージする時の大阪は、ミナミに在ります

たこ焼き、道頓堀、アメリカ村、宗右衛門町、通天閣etc

全てがミナミ界隈

キタが、日本の縦社会、高層ビル群のイメージとしたら

ミナミは間違いなく、横の繋がり、平面状から絡み合う雰囲気と文化の街

だから、吉本のお笑いなんかも、キタよりミナミですよね

肩書きや形式より実を取る、誰が?どこが?より、何をしたん?オモロイん?

の逆にシビアな大阪商人的な文化息づく街

そのミナミで産声を上げ、北新地でも人気店の

寿し  門司(もんじ)

一言で言えば

美味しく、楽しい時間をお客様に過ごして頂く。

に凝縮されているとおもいます。

店構えも?

大きな氷が置かれていてたり(チャンとした理由があるのですが、、、)、ディズニーランドやUSJの様な、何が来るのか?どう来るのか?的なエンターテイメントとしての側面からも「大阪らしい」店です

だから、寿司はこうあるべきだ!感はゼロ

先ずは、ビールで

芽ネギをヒラメで巻き、食べます


マグロ中トロ、ウニの黄身醤油和え

濃厚な口内とビールが最高にあいます!


ねっ

オモシロイでしょ?

左のイクラ漬けは、深みある素晴らしい味と余韻

ミョウガの甘酢漬けを最後に食べて次は?

万願寺とうがらしの椀もの

そして握りに参ります


イシガキダイと、緑が見えているのは、ナント!!

キィウイ

酸味とイシガキダイの異色のコラボですね

美味しい✨

滑り感、ネットリ感が美味いコハダ

親方のこだわりで、浅い酢締めにしているんです

美味い

剣先イカをスダチと塩で

サヨリも浅い酢締めでネットリ感増し、美味

ノドグロ

マグロ

コチの椀もの挟み

ホタテの漬け

締まり感と貝の旨味凝縮されて✨

ウニ

そして最後は

シャリも、ひつまぶし風にしたウナギ


美味しい楽しいでアットいう間に時間は過ぎて行きました

門司(もんじ)

楽しゅうございました✨

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
鮨吉寿司太郎
鮨吉寿司太郎
鮨、寿司、SUSHI、色々ありますが職人さんと客がカウンター越しに目で楽しみ、舌で楽しみ、耳で楽しむことが出来るのが鮨、寿司? アナタの事を思いニギッていますよ face to face eye to eye コレこそが鮨、寿司の醍醐味だと思います。 私の趣味は日本全国、鮨の食べ歩きです? 行った鮨屋は2017.6/10現在、通算129店・・・ 高校3年の春、オヤジに初めて連れて行ってもらった、大阪の亀寿司 仕事帰りのサラリーマンが1日の疲れと明日への英気を養いながらカウンターで鮨を摘んでいました。 アレから約30年、今日も新たな鮨、寿司に出会うため そう、アナタの街の 横丁にある鮨屋 自分だけの鮨屋 自分だけの空間 そう、色んな鮨があっていい 今日も、そんな鮨屋を探しながら・・・