ツアー

優作、桃子、家族って素晴らしいですね

 

目頭熱くなりましたよ

桃子(上田桃子プロ)な、テレビ見よったら、最後にバタバタしよって、16番終わった時の、桃子の例のブスーッとした不機嫌な顔と、キャディのシンもブスーッとしとる(笑)

ヒヤヒヤしながら見とって、最終18番な、セカンドショット左に引っかけ、あわや池よ

どうなるんか?思うとったら、シンから電話あり

「佐野木さん、優勝しました‼️」

とな

最後の、どうなるか、思うてドキドキしよったのに、何やら拍子抜けよ(笑)

優勝願ってたから良いけどよ、何か肩透かし食らった、水風呂無いサウナに入った感じですよ(笑)

冗談はさておき、桃子、シン、ホンマに優勝おめでとうございます。

エリエールんときは、松山1の店を予約しとくからな

 

 

そして、桃子んお母様、優勝おめでとうございます。お綺麗でらっしゃる

良い娘さん、持たれましたね

不肖佐野木も娘いるので、気持ち分かりますが、ホンマに良かったですね

でな、先週の日本プロ、サニーの都合で記事出来んかったが、優作(宮里優作プロ)、優勝おめでとうございます!

良かったですよ

最終18番な、終わり、沖縄ん指笛と共に軽快なリズムで踊ってな!

あーいう、姿バンバンやって欲しいよなぁ〜

あと、応援に来られていた宮里家御一行様

家族いうんは、どんな時でも心繋がる、温かな戻るべき場所よ

航空母艦よ

その愛する家族ん前で優勝て、最高やないか?

で、なんや漁師のオッサンおるか?思うたら聖志(宮里聖志プロ)やないか?

短パンTシャツに真っ黒日焼け姿

優勝したんは優作やが、ベストドレッサー賞は聖志ですよ(爆笑)

勝負の厳しさ、人生の壁を乗り越えて家族の前での勝利

琉球の風と、阿蘇の大自然

優作

桃子

ありがとう

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
佐野木 一志
佐野木 一志
1948.2.12生まれ。徳島県出身、愛媛県松山市在住。 1964年、選抜高校野球大会では徳島海南高校一塁手として全国大会優勝を果たす、 このエースでマウンドにいたのが尾崎将司・・・・ 早稲田大学野球部時代は都の西北に美男子佐野木有り。 と言われたとか言われなかったとか ジャンボ尾崎専属キャディーとして 通算32勝、賞金王・海外メジャーでも常に現場にいた。 ゴルフを愛する気持ち、熱い思いと現場に拘ってきた、 それこそが佐野木ズム。