プライベート

ベントグリーンの管理の違い パート1

 

先週関東へ行って来ました。

勿論、芝生を見に行ったのですが、やはりと思う事が有りました。

 

 

上と下比べるには若干角度と距離が違いますが単純に言いますと色ですかね!

 

 

関東と九州は比較的にグリーンの肥培管理は似ています。

しかし、関西の肥培管理とはかなり違いが有ります。

 

 

それは肥料の撒く量なのかと思います。
その中のNと言う窒素成分を撒く量の大小がかなり違う様に思います。

 

 

窒素は芝生にとっては光合成をする上で欠かせない必須要素で葉っぱの肥料です。
通常年間に窒素をベントグリーンに撒く量はm2当たり5~25㌘と言われその値があまりに範囲が広いのは関東と関西の肥培管理の違いからかもしれません。
5㌘が正しいのか25㌘が正しいのかなかなか難しいですが、その違いが色以外にもたらす影響を明日お話します。

 

 
▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
グリーンシステム株式会社
グリーンシステム株式会社
私たちは芝一本、一本が持つ自然本来の治癒力、生命力を引き出せるターフ作り、ターフ管理を行っております。 このターフ品質の向上がより良いコンディションを提供することになり、プレーヤーに満足いただけるコースづくりにつながります。