ツアー

トーナメントのグリーン‼

 

今年も国内では男子は4月から、女子は3月からいよいよツアーが開催します。

我がチームも又今年もマイナビABC、ほけんの窓口レディースを初めチャレンジツアー、ステップアップツアーなどコースのセッティングをさせて頂きます。

その中で神経を1番磨り減らすのはやはり…グリーンです。

先週グリーンの目のお話しをしましたが、私自身の見解から言えば目を感じるグリーンはやはりアンフェアな感じがします。
高麗グリーンの場合は芽が強いので仕方ない部分は有るのでしょうが、ベントの場合は極力目の無いグリーンを作るべきでしょうね。

また、その為には更新作業が欠かせないとも話しましたが、トーナメントとなると又更に課題は増えます。

二人で酒を交わしながらABCゴルフ倶楽部のチーフとトーナメントグリーンの話をしました。

春のトーナメントと秋のトーナメントの違いは?
グリーンの硬さと速さとの関係は?
そんな濃い話を明日お話しします。

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
グリーンシステム株式会社
グリーンシステム株式会社
私たちは芝一本、一本が持つ自然本来の治癒力、生命力を引き出せるターフ作り、ターフ管理を行っております。 このターフ品質の向上がより良いコンディションを提供することになり、プレーヤーに満足いただけるコースづくりにつながります。