ツアー

アメリカンドリームとジャパニーズドリームだよな?

 

今回のタイトルはな、指定したぞ
コレほどピッタリのタイトルはありゃせんだろ?
先ずな、ネスレ マッチプレーだな
優勝賞金が一億円とな!
スゴイよな、決勝の時松VS小田龍
時松選手は知らんかったが、前週の福島オープンで優勝し、福島オープンはその前のチャレンジツアーで優勝したから、、、数珠繋ぎで、マッチプレー出られたんやとな
数珠繋ぎ言うたけど、「時松隆光」なんか、坊さん見たいな名前やなぁ〜
で、今回のネスレマッチプレー優勝か?
「時を待つ」てか(笑)
タイムパインだろ?(1人で爆笑)
テレビ見とったが、落ち着き払っとったね、見てみ大体、マッチプレー勝ってきとる選手は、そんなタイプの選手多いよ
周りに流されん、気の強い選手な
高橋勝成選手だろ
要(横尾要プロ)も勝っとる
D・ウィルソンに信人(佐藤信人プロ)もな、、、
古くは通ちゃん(中村通プロ)、よったかちゃん(山本善隆プロ)もだよな〜
しかし、なんだよ
マモ(小山内護プロ)勝っとるん、知っとったか?
えっ?決勝まで不戦勝できたんか?(笑)
まぁ〜イケイケんなったんやろな
それしか考えられんわな(笑)

1ヶ月で1億2000万ぐらい稼いだか、時松は?
コレ、見とる選手多いだろ
選手みなにチャンスあるぞ!
ただし、4、5メートルのパーパットでもボギーパットでも死んでも入れたる!思えるかだわな
技術が前提いう奴おったら、アホか!いうぞ
もし、この勝負負けたら、勝てんかったら、お前の愛する人が殺される、、、
やったら絶対にビビらず闘争心のみで勝負に向かうだろ?
毎試合、毎試合しんどく、体力もたんから出来ん?
じゃー、そこまでだよ
日本人は本来、その強さのみでココまで来たんだがな、、、
そう思えるか、どうかだわ
ジャンボが心技体、言わんと
体技心言う真意がそこに在る
次、女子行こか?
振りますね〜
ええ振りしとる!
穴井詩選手も振っとる
飛ぶ飛ばんは個人差あるが、「振る」言うのは大事ぞ
岡山絵里選手来ますよ
エリー マイ ラブ言うてな!(1人で爆笑)
穴井詩選手、詩と書いて「らら」と読ます
ロマンティックやね〜
阿久悠先生も恐れ入谷の鬼子母神だよ

はい、真打登場
円楽師匠ですよ、文枝師匠か?
両方とも小指で失敗しとるやないか?(笑)
バルタスロールの全米プロ
あるじゃない?
マスターズ
全米オープン
全英と来て、全米プロ
言うたら、少し緊張感抜ける言うか、、、ん〜
ほら
青木
尾崎
中島
AON言う次に、クラ(倉本昌弘プロ)言うたら、気〜抜けるだろ?
この例えしたらクラ怒りよるかな?(笑)
しかし、今年の全米プロは盛り上がったよなぁ〜
先ずな、開催コースですよ

80年のジャックと青木さんの全米オープンの死闘あり、たしか以前1993年にジャンボと全米オープンでバルタスロール行ったとき、設立がもう少しで100年なります言うとったん、覚えとるんよ
歴史ですよ
歴史は金では買えんよ
開催コースは重要ですよ

しかしサニーな、全米プロ行ったことないんよ
なんでかしっとるか?
昔、全米プロはお盆時期にあってな、サニーは徳島ん故郷に帰り先祖供養ですよ
祭りもあったしな
お盆やから全米プロ行かれんかったんよ
ジャンボに理由言うたら、ジャン兄ぃ〜何て言うたかわかるか?
「佐野木ん言うのも分かるわ」
とな(笑)
ジャンボも心ん中では、盆と正月は故郷で過ごしたい!
あったんやないかな〜

話戻るぞ
1993年にジャンボと全米オープンでバルタスロールに行ったんだがな、今回の全米プロ見ながら、昔行った時に使うたヤーデージメモ見ながら、テレビ見とったよ
大体10〜20ヤード距離伸びとるがな、思い出しましたよ
当時の記憶が鮮明にな

結果的には30位ぐらいやったかな?
3日目17番のロングホールでな、距離長いんよ
ジャンボがシバき倒すぞ〜
いう雰囲気とアドレスですよ
そして打つ瞬間に、子供か赤ちゃんが
うわーん?
泣いてな、ジャンボなんとか打ったけど瞬間反応して腰止めたんかな?腰痛めたん思い出しましたよ
バルタスロールの上りはロング、ロングでな
メモ見とったら、18番のロング届くんやが、当時でジャンボが、ドライバー打ってセカンドショットは2アイアンか3アイアンて書いとる
残り230、220やった
バルタスロールは今のキテレツなコースやのうて、ピンサイド、ピン面に打って行けるんだよ
あるやないか?全英やオーガスタみたいにピンが左にあるのに、20ヤードも違う方向打って傾斜使い寄せなアカンいうのん、あーいうの苦手よな(笑)
そういうのないから、バルタスロールは
全米オープンん開催コースは、そういうクラシカルなん多いよな

チャンス大アリですよ
松山選手んナイスプレーだよな
大典も頑張っとるな!
谷原、勇太もナイスよな
あのメンツん中で、メジャーセッティングで30位中に入る、予選通るんもどんだけ大変な事か、、、
勿論優勝目指す、頭取る気持ちはもっとる
しかし、世界の厳しいコースと日本の接待コースとは全く違うんよ
そこで毎試合やっとるヤツらが上来るだろが?
そこでやっとるか、やっとらんかの違いだけだよ
日本一の大学は東大だろ?
しかし、東大は世界でランク何番目か?
京大は?
我が母校、早稲田はお呼びじゃないよ(笑)
世界中で何千ある中で、100位に入っとるんは東大、京大、阪大、東工大ぐらいだろ

しかしな、そん中でも松山選手の様に世界の中で位置付けされるスゴさよな、時松もな
自分なんか、、、考えんとな
ドンドン世界で戦うたらエエんよ
アメリカだけが世界と違うわな
アジア、ヨーロッパあるだろ
夢は夢に終わらせたらアカンのよ
実現させな、一歩踏み出すことから始まるからな
DREAMS COME TRUE
ですよ
サニーは来週、徳島ん故郷に帰ります、来週休ませて貰うぞ(笑)
今回は少し長ぅなったけどな、よい夏休みと
一夏の恋もな(笑)

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
佐野木 一志
佐野木 一志
1948.2.12生まれ。徳島県出身、愛媛県松山市在住。 1964年、選抜高校野球大会では徳島海南高校一塁手として全国大会優勝を果たす、 このエースでマウンドにいたのが尾崎将司・・・・ 早稲田大学野球部時代は都の西北に美男子佐野木有り。 と言われたとか言われなかったとか ジャンボ尾崎専属キャディーとして 通算32勝、賞金王・海外メジャーでも常に現場にいた。 ゴルフを愛する気持ち、熱い思いと現場に拘ってきた、 それこそが佐野木ズム。