プライベート

トーナメントのコース管理(ほけんの窓口レディース編 その3)

 

優勝は誰がしたのか分からないプロアマの日です。

1

もしかしたら、このお二方のどちらかだったりして…‼

天気は最高で素晴らしいプロアマ日和となりました。

2

しかしながら、セミショットガンのスタートですから作業は敏速に行わなければいけません。

3 4 5

和白のバンカーは小さくて、バンカーの機械は入れません。
今日からは、ボランティアの方にも協力頂きながら丁寧に仕上げて行きます。

6

昨日までの雨で、ミミズも目を覚ませた様なのでスプレーヤーも稼働させて退治!
こうしてプロアマも無事スタートです。

7 8

「素晴らしい選手たち」の「素晴らしいプレー」が出来る様に、素晴らしいコースだった!と言ってもらえる様に日々頑張っています。

9

優勝された、申 ジエ選手おめでとうございます❗

明日は福岡カンツリーのキーパーインタビューです。

 

〜アン・ソンジュ専属出口キャディー語る〜

イ・ボミ選手が、2014、2015年と連覇している今大会!!
大会3連覇にも皆様の注目が集まるところでしたが、、申ジエ選手の優勝となりました!!(^.^)

申ジエ選手おめでとうございます!!

最終日コンディションの中の4アンダーはかなりすごいスコアだと思います!!

福岡は、月曜、火曜と雨が降りコースコンディションとしては、例年と比べフェアウェイが柔らかくあまりティーショットのランが出ないため、ティーショットの距離が10〜15ヤード飛ばなくなりました。

そうなりますと、セカンドで持つクラブの番手が、1〜2クラブ大きくなります!!

そこで、僕たちキャディーが気になるのはグリーンの硬さです。

月曜、火曜の雨にもかかわらず、福岡カンツリー倶楽部のコース管理の素晴らしさもあり、グリーンコンパクション(グリーンの硬さ)は24と、メジャートーナメント並みの硬さが出ていました!!

私は毎朝試合当日、朝5時30分からコースチェックを開始します。
選手の練習前にコースの様子を一通りチェックするのですが、そこで感心したのは、懸命なコース管理の人々のコース整備作業でした!!

おそらく何時から整備を開始していたのでしょうか、、、たくさんの方々でコースを整備されていました。

試合を成功させようとする、福岡カンツリー倶楽部様の熱意が伝わってきました!!

キャディーの中では、16番ホールのショートも短くなった事で、優勝スコアは去年の10アンダー以上行くと言う予想もありましたが、終わってみれば去年と同じ10アンダー!!

これは徹底的なコース管理あってこそだと思います!!(^.^)

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
グリーンシステム株式会社
グリーンシステム株式会社
私たちは芝一本、一本が持つ自然本来の治癒力、生命力を引き出せるターフ作り、ターフ管理を行っております。 このターフ品質の向上がより良いコンディションを提供することになり、プレーヤーに満足いただけるコースづくりにつながります。