ツアー

片岡よ、大きく育て!

 

今年の中日クラウンズな、ジャンボと言うとったんよ。
「中日クラウンズ」
「日本オープン」
「ダンロップフェニックス」
毎年、絶対勝ちたい大会だよな、いうて…

高知のいごっそう「片岡大育プロ」15番ロングで、起死回生のチップインバーディだ!
-11で、キョンテ選手-10

次の16番も大育バーディとり、-12よ 、キョンテ選手パーで2打差。
あと2ホールで2打差

大育オーナーよ。
ピンは左手前。
7アイアンか?6アイアンか?
打った球は出球から左へ、バンカーまだ左だわな。
どうも出来んくて3オン2パットのダボで、キョンテ選手と並んでしまった。

クラウンズで優勝争いしとる選手からしたら、200回打ち1回出るか出んかのミスショットよ。
それが、出てもうた…
オレは現場におらなんだし、詳細分からん。

しかしな、「大育」お前のゴルフ、ゴルフスタイルは間違っとらん!
悔しかったし、勝ちたかったし、情けのう思うたやろ?自分で自分のことを。
しかし、お前の歩む道は間違うとらん!
来年勝てばいいじゃないか?
勝とうよ。
連覇しようよ。

お前は四国の高知の男ぞ、「龍馬」の血が流れとる。
前向いて、笑顔で、上むいて、今までの大育のまま歩いていけ!
麦は踏んでも踏んでも、だからこそ強く逞しく成長するんだわな。
大きく育てよ!

キャディーのな、伊能も辛かっただろう…
あの時もし私が違う展開に持っていけたら?何て考えとるかもしれん、しかしな、しゃーないよ。

逆にそれは、キョンテ選手と島中にも言えるかもしれん。
今後同じような場面がキョンテ選手と島中のコンビにも来るかもしれん、それが今回はな、たまたま言うだけのことであってな、、、
大育も伊能も自分責めるんだけはやめような!

サニーなんかな、「KBCオーガスタ」最終日最終のロングホールよ。
ジャンボの3打目の距離な。
出した距離にまた、ピンの20ヤードかを足してもうてな、案の定3打目キャリーでグリーンオーバーよ…
おい、佐野木距離合ってたか!?
言われた時は、頭から顔からワキから色んな所から汗かいたわな?
何とかパーセーブしてくれ、プレーオフで多一(手嶋多一プロ)に勝ったけどな、、、

キョンテ選手と島ちゃんも優勝おめでとうございます!
素晴らしい大会、試合だったよ。
男子ツアーの迫力、真剣での戦いだわな。
本当に素晴らしい大会でした!

あとな、四国のビッグKの「片岡」はな頑張った!
しかし、地元の東海のビッグKと三重のビッグKはどないした?
「近藤選手」、「川村選手」頼みますよ、、、

最後にな、女子ツアー福島選手、優勝おめでとうございます!
初の姉妹優勝てか?
スゴいわな、ゴルフの醍醐味やな〜。

ほいでよぉ〜、福島選手のお父さんいるだろ?
元・大洋ホエールズの名キャッチーでな、「福嶋久晃さん」
サニーと同級生でなPL学園出身だわな!
お父さんも、おめでとうございます!だな。

ゴルフってホンマに素晴らしいスポーツ、ゲームだな!
ほな、また来週な!

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
佐野木 一志
佐野木 一志
1948.2.12生まれ。徳島県出身、愛媛県松山市在住。 1964年、選抜高校野球大会では徳島海南高校一塁手として全国大会優勝を果たす、 このエースでマウンドにいたのが尾崎将司・・・・ 早稲田大学野球部時代は都の西北に美男子佐野木有り。 と言われたとか言われなかったとか ジャンボ尾崎専属キャディーとして 通算32勝、賞金王・海外メジャーでも常に現場にいた。 ゴルフを愛する気持ち、熱い思いと現場に拘ってきた、 それこそが佐野木ズム。