ツアー

川奈ホテルの思い出

 

今週はな、川奈ゴルフで開催されたフジサンケイ レディースに気持ち昂ぶっとたサニーです。
アン・ソンジュ選手、余裕の勝ちや思うたけどな〜。
17番のショートなんぞ、右ピンでセンター狙わんと、狭いピンサイドゾーンだぞ!

好事魔多し。
勝負は下駄を履くまで分からんいうけどな〜!

18番の上りのミドルな、アン選手、パーなら優勝よ。
しかし、セカンドショットをな手前に入れて3打目ピン奥5メートルよ。
入れて「優勝」、ハズして「プレーオフ」
カップハズレて1.5メートル行き、返しもハズしてダボフィニッシュよ!

優勝は大山志保選手よ〜。
見とる方がドキドキし昂ぶっとったわな!

定石で言うたらな、間違いなく18番はピン狙わずにセンター狙いだよな!
パーでええんだからな。
ボギーでプレーオフか・・・

しかし、何とも言えんわ、結果論だからな。
この「スポともGC通信」にも、アン選手のキャディー記事書いとるよな。
会うたことないけど、ん?初優勝かかっとったんか、、、
終わったことは、しゃーない。

しかし、もし振り返るならば、最終ホールのショットも選手と話し合い攻め方と落とすポイントを、シッカリ話しとったか?
やな。

前の難しい最難関ホールをスーパーショットでバーディだろ?
だから、最終ホールショットも何とか上手くいくんちゃうか?
行ってくれ!
言う思いで、会話も無しに打たせたんやったら、教訓残るわな。
「上手くいくんちゃうか」
「頼む、行ってくれ」
からのミスは大体流れ悪くなるんだわな。

しかし、2人でシッカリ決めた事によりのミスはな、尾を引かんし上手く行く。思いはある、、、
夫婦でも会話無くなればおしまいですよ(笑)
選手もキャディーも、夫婦も同じだわな。
お互いイヤんなる時もあるだろう、しかし些細な事でもな、
「あー思うた」
「こー思うた」
話しする事が大事よ!そんなコンビや夫婦は長続きするだろが。

まぁ〜全ては結果論だがな・・・

そや、川奈ゴルフ、川奈ホテル言うたらな懐かしいよなぁ〜。
11番のロング来たらなジャンボと2人でな、セカンドで大体待つんだわ、あの灯台あるロングよ!
それで歌うとったんよ。

あたまを雲の上に出し
四方の山を見下ろして
雷さまを下に聞く
富士は日本一の山〜♪てな。

2人でな美声聞かせてな!
そしたらな、ギャラリー来てたオヤジがな。

おいら岬の〜
灯台守は〜♪
言うて歌い返したんよな(笑)

アレにはジャンボとサニーも笑うたぞ。
シャレたギャラリーのオヤジだったよな!

あと、大会ある時は必ず、川奈ホテルに泊まっとたぞ。
ほらカレー3,000円ぐらいするだろ?
晩飯なんかも、まー高いわな!

一度、離れに天ぷら屋あるだろ?
ジャンボとサニー、マネージャー3人出来たら、安っさん(安田春雄プロ)1人でおったから、4人で飯食うてな。
ジャンボ、ワイン開けてな!
えー気分なって会計したら30万だと・・・
ジャンボ、えーワイン飲んだんだろかな?(笑)

しかし、ジャンボ顔色変わらんかったなぁ〜 サスガぞ
俺なんか、一瞬にしてホロ酔いからシラフに戻ったもんな(笑)

あと、男子のフジサンケイ開催されとる時は、ちょうどなゴールデンウィークやってな。
千葉のジャンボ邸までヘリコプターで帰った事もあったな〜!
伊豆川奈ホテルから習志野まで30分だぞ!

習志野カントリークラブの練習場に舞い降りてな、
天女の羽衣か思うたら、
ジャンボとサニー、飯(飯合肇プロ)が降りてきてな〜(笑)
下道、高速で帰宅したマネージャーは8時間だと。
もー寝とったけどな(笑)

そして、最後になったがな、男子ツアーのPanasonic Open!
勇太優勝おめでとうな!キャディーの福田も相変わらずエエふくらはぎ、しとるね〜。
今年の勇太は賞金王とるんやないか?
スピーチも良かったぞ。

来週は和合だな!
やはりゴルフ中継あると楽しいわな。
選手、キャディーの皆さん頑張って下さいよ!
じゃ〜な!

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
佐野木 一志
佐野木 一志
1948.2.12生まれ。徳島県出身、愛媛県松山市在住。 1964年、選抜高校野球大会では徳島海南高校一塁手として全国大会優勝を果たす、 このエースでマウンドにいたのが尾崎将司・・・・ 早稲田大学野球部時代は都の西北に美男子佐野木有り。 と言われたとか言われなかったとか ジャンボ尾崎専属キャディーとして 通算32勝、賞金王・海外メジャーでも常に現場にいた。 ゴルフを愛する気持ち、熱い思いと現場に拘ってきた、 それこそが佐野木ズム。