ツアー

NEC軽井沢72ゴルフ

今週の女子ツアーはNEC軽井沢72ゴルフ。コースは軽井沢72ゴルフ北コースです。今回はフロント9の数ホールを覗いてみます!

No.1 383ヤード PAR4

右ドッグレッグのPAR4。
ティーショットのクラブ選択は飛距離とプランによって変わります。2打目を短いクラブでと1Wを選択した場合、右のバンカー方向狙いになり、右の林がかなり気になります。そこまでティーショットで攻めることができない選手であれば2打目の距離が残ってしまいますが、フェアウェイウッドの選択になりそうです。
グリーンを狙う2打目は左バンカーを避け、ピンの右側から攻めていきたいところ。グリーンが全体的に左から右へと傾斜しているためです。
スタートホールのティーショットから攻めるのか、それともティーショットは無理をせず2打目にかけるのか⁉︎
距離がないホールなのでフェアウェイから打てればバーディーチャンスのあるホールです。

No.2 553ヤード PAR5

距離がある右ドッグレッグのPAR5。
ティーショットはフェアウェイの左サイド狙い。右サイドからだと右の林が少し気になり、2打目の距離を稼ぎづらいです。さらに右ラフやバンカーからはかなり難しいショットになってしまいます。
2打目は右サイドの林が気にならなければ、できるかぎりグリーンへ近づけたいでしょう。

グリーンを狙うショットは短いクラブで打てればピンを狙っていきたいところ。ラフからのショットは転がることを考えて手前から行き過ぎないよう注意したいです。というのもグリーンがあまり受けてなく、むしろ奥へ下っているので、手前から手前のピンへのアプローチが難しくなるためです。今週はグリーンが柔らかいのでラフからでもピンを狙っていきたいですね!

No.4 412(389)ヤード PAR4

こちらも右ドッグレッグのPAR4。
ティーショットの狙い所は右バンカー上。思ったより右へ行ったと思っても意外と良い場所にあることが多いです。
2打目はフェアウェイとラフからでは難易度がかなり変わってきます。グリーンが小さく、真ん中からは奥へ下っているため、グリーンが柔らかいとはいえラフからは止まりづらくなります。そのためグリーン奥からのアプローチが多くなるでしょう。
前半では難しい、ボギーが出るかもと思ってしまうこのホールをどう攻略していくか⁉︎ このホールを上手く切り抜けるとビックスコアが出るかもしれませんね!

今年もグリーンが良く止まります。週末の天気は雨予報ですが、今年もカットラインがアンダーパーになるのか⁉︎ やはりいつものようにバーディー合戦の大会になるでしょうか⁉︎

ecc

ABOUT ME
関根 淳
1975年5月24日生まれ。通算3勝。 空気のような存在で、終わってみれば『そう言えばいたなぁ〜』と言われるぐらいの存在でありたい!2021年はこのスポともgc通信と共にClubhouseからキャディー皆んなで現場の声をお届けします。 2010年からは丸山茂樹プロ専属キャディーを務め、2012年からは山下和宏プロ専属キャディーとしてツアーに参戦。2021年は星野陸也プロを中心に阿久津未来也プロ、仲宗根澄香プロのキャディーを務める。