ツアー

楽天スーパーレディース

今週の女子ツアーは楽天スーパーレディース。昨年に引き続き、兵庫県の東急グランドオークゴルフクラブでの開催です。昨年紹介できなかったホールを中心に気になるホールを見てみましょう。

No.9 402(380)ヤード PAR4

昨年は380ヤードのティーイングエリアを使用していましたが、今年は後方のティーを使用することになりそうです。
まずティーショットは右のバンカーに入れたくありません。池は目に入りますが、その先にバンカーとアングルがあまり良くないためです。後方のティーからは飛距離が出る選手が右に曲げないとなかなか入らないかもしれません。
2打目は左面と右奥面の2つに分かれていると思って良いでしょう。特に右奥にカップが切られているときはしっかり右奥の面に打っていきたいところ。後ろのティー使用した場合だと多少距離が残る可能性があり、そのときは難易度が上がりそうです。
昨年は易しめホールでしたが、今年はどうなるのでしょうか⁉︎

No.16 341ヤード PAR4

距離がない打ち上げのホールです。ティーショットは木が多くある左ラフだけは気をつけないといけません。運が悪いと木が邪魔をしてグリーン方向へ打つことができません。またフェアウェイへ行っても210ヤード以上飛ばさないと段になっているため転がりません。アゲンストでなければ問題ありませんが、天候によっては考えられます。
2打目は打ち上げで距離感を合わせるのが難しいでしょう。縦幅がないグリーンですが、短いクラブて打てますので、上手く打てればバーディーチャンスの可能性は高いです。

No.17 172ヤード PAR3

グリーンが左手前から右奥へ斜めになっているホール。こちらも左面、右面と2面分かれていると思ってショットを打っていくことになりそうです。左面は左へ、右面は右へと傾斜をしています。その傾斜を使ってピンを狙うのか、それとも左ピンはフェードで、右ピンはドローで傾斜に当てて止めるのか⁉︎ ピン位置、風向き、使用クラブ、そして選手の調子や順位で攻め方が変わってくるでしょう。

練習日まではグリーンのスピードが出てないうえ、昨年同様アンダーパーでないと予選通過は難しいかもしれません。そして前週が北海道で気温差に体調がついていけるか、体力勝負の試合でもあります。暑さに負けず、体調を整えて上位を狙いたいですね!

ecc

ABOUT ME
関根 淳
1975年5月24日生まれ。通算3勝。 空気のような存在で、終わってみれば『そう言えばいたなぁ〜』と言われるぐらいの存在でありたい!2021年はこのスポともgc通信と共にClubhouseからキャディー皆んなで現場の声をお届けします。 2010年からは丸山茂樹プロ専属キャディーを務め、2012年からは山下和宏プロ専属キャディーとしてツアーに参戦。2021年は星野陸也プロを中心に阿久津未来也プロ、仲宗根澄香プロのキャディーを務める。