プライベート

「キャディの仕事は足元から」

プロキャディ協会が立ち上がり、キャディをサポートしてくれている企業から、靴下が届いた

しかも技術、手間がかかる五本指ソックス

 

 

プロキャディ協会会長も愛用

キャディって練習ラウンド含め、6日間も歩くとそれぞれの指のサポートも必要

ましてプロゴルファーに関しては、足裏感覚更に必要

私はスキーをしているので、更にその足の感覚が必要なのがわかる

本当に有難い

皆さんも足裏感覚にこだわってみたらどうですか?

 

 

こんなにありますよ~

ABOUT ME
渡辺 宏之
渡辺 宏之
1971年6月21日生まれ。神奈川県出身。 東洋大学を卒業後、スキーのインストラクターをしながら小中学の同級生、久保谷健一がプロになったことでツアーキャディーに。 2002年に久保谷プロの2週連続優勝のあと、2003年USツアーに本格参戦。2004年から倉本プロのキャディーを務め、2006年から07年はチャンピオンズツアーに参戦。女子ツアーでは服部道子プロ、古閑美保プロ、諸見里しのぶプロのキャディーを務め、優勝に貢献。 2010年、14年ではシニア賞金王・倉本プロの専属キャディーを務める。 2012、15年度には、I・J・ジャンプロのキャディーを務め、中日クラウンズで二度の優勝 2019年度は、辻梨恵プロ、三浦桃香プロのキャディーをメインで務める。