プライベート

人生は最大の暇つぶし

今年も残すところもあと数日となりましたね。

毎年この時期になれば人それぞれ今年を振り返り、良い年だった、悪い年だったなど色々と振り返ると思います。

ただ今年は新型コロナウイルスの出現から、パンデミックという歴史に残る時期を過ごした1年だということは誰も異論はないでしょう。

さて今日のタイトルにある “人生は最大の暇つぶし” という言葉ですが、今年、ある動画を見ていてこの言葉を耳にしました。

なるほどね!って私は思ったんです。

他にも壮大な暇つぶしや死ぬまで暇つぶしという言葉でも言われたりしますが、この考え方が私の心にスーッと入ってきたんですよね❗️

今年のこの状況下だと皆さんも色々なことを考えたことでしょう。

昨年までのような平和であった少し前までは “働き方改革” なんて言われていましたが、コロナ禍になって “生き方改革” になってしまったと。

そんなときにこの言葉を聞いて、思うようにいかなくても、上手くいかないときでも、暇つぶしでしょって!自分自身へそんなにイライラしないでねって言い聞かせています😅

皆さんに私がどう見られているか分かりませんが、元々、いや今でもかなり短気なんです。子供の頃の野球をやっていたときの態度は悪かったことを思い出します😓

話が逸れてしまいましたが、人それぞれ考えされられる言葉や救われる言葉などあるでしょう。特に今年は上手く行かなかったり、また予想外のことがあり、心が乱れてしまったことや誰かに縋りたくなったことが少なからずあるのではないでしょうか⁉︎

だから私はこの言葉に救われた感じがします!

中にはこの言葉が良いなんて思うのは他の人より幸せだからじゃない⁉︎と言う人もいるでしょう。確かにそうかもしれません。

だって毎日楽しく生きる、生活するために色々と考えていますからね。

人から大変そうだねって言われることも楽しいことに変えられないか私は常に考えていますよ❗️

と言うことで、今年大変だった世間のこの状況は変えられませんが、自分がどうしたら楽しく生きられそうか、どう行動したら楽しくなりそうかは考えられるのではないですか⁉︎

不安が全く無いわけではありません。その不安を上回る楽しみがあれば良いかなと思うのですが、皆さんはどうでしょう❓

来年は皆んなが楽しい一年になれば良いですね❗️

こんな内容で今年最後の投稿とさせていただきます。

来年はスケジュール通り試合があり、また無観客開催ではなく、ファンの皆さんが観戦できるようになることを祈りたいです🙏

来年もこの私の “人生は最大の暇つぶし” に付き合っていただけたらと思います🙇‍♂️

いや、どんな方にもいつも一所懸命対応してますから “暇つぶしで私に付き合ってるだけでしょ!” なんて言わないでくださいね (゚o゚;;

また来年もよろしくお願いいたします❗️

ABOUT ME
関根 淳
関根 淳
1975年5月24日生まれ。日本大学卒業。通算2勝。 空気のような存在で居たい。終わってみれば『そう言えばいたなぁ〜』と言われるぐらいの存在で居たい。 しかしクールの中にも煮えたぎる熱き思いが、スポともGC通信で爆発するかも、、、 2010年からは丸山茂樹プロ専属キャディーを務め、2015年からは山下和宏プロ専属キャディーとしてツアー参戦する。 2019年は片山晋呉プロ、堀川未来夢プロ、脇元華プロのキャディーを務める