プライベート

スキー界で世界のトップに近づいた男

スキー界伝説の男インゲマルを脅かした日本人スキーヤー・海和俊宏。

しかしスキーは極めてしまったらしく、いまやゴルフに夢中。
しっかり70台で回る腕前。
8879
(ゴルフクラブを持っていてもやっぱり斜面が似合う)

倉本プロと共通なのが、決して体格には恵まれていないのに世界の第一シードで戦った。
足のサイズも24,5センチ。
倉本プロと一緒。
倉本プロと海和さんはスキーを通しても親交があるので、倉本プロが履いていたスパイクを海和さんにたまに持っていく。

これは前に渡した○○皮。
8881
たぶん○十万円相当。
10回も履いていないのに要らないと言ったので、了解を得て海和さんのもとへ。

このスパイクを渡して履いた瞬間のコメントが、さすが世界の海和さん。

「右足の内側、少しへたっているね」

ですって!

その足裏感覚、尋常ではない。
まだまだ衰えていない。

倉本プロの足裏感覚も一流。
しっかりしたスパイクを好む。
へたってしまったものは履かない。
昔の逸話で、年間200足履いたそうだ。
その流れかわからないが、スキーを本格的に始めた頃も、スキーを4泊5日で行くのに、スキーブーツを色違いで4足揃えようとした逸話もある。

今でもツアーには10足近く持ってきている。
足裏の感覚へのこだわり。

今度、プロの足下にも注目してみてくださいね。

追伸
倉本プロと海和さんが一緒に滑っているシーン、「スキーnow 倉本プロ」と検索するとYouTubeで見れますよ。

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
渡辺 宏之
渡辺 宏之
1971年6月21日生まれ。神奈川県出身。 東洋大学を卒業後、スキーのインストラクターをしながら小中学の同級生、久保谷健一がプロになったことでツアーキャディーに。 2002年に久保谷プロの2週連続優勝のあと、2003年USツアーに本格参戦。2004年から倉本プロのキャディーを務め、2006年から07年はチャンピオンズツアーに参戦。女子ツアーでは服部道子プロ、古閑美保プロ、諸見里しのぶプロのキャディーを務め、優勝に貢献。 2010年、14年ではシニア賞金王・倉本プロの専属キャディーを務める。 2012、15年度には、I・J・ジャンプロのキャディーを務め、中日クラウンズで二度の優勝 2019年度は、辻梨恵プロ、三浦桃香プロのキャディーをメインで務める。