グルメ

鮨庵さいとう本店(静岡県沼津市)

静岡県沼津港

日本でも屈指の水揚げ量誇る沼津港ですが、港の周りには沢山の海産物店や飲食店が立ち並んでいます。

この様な観光地化された場所での寿司屋

正直あまり得意ではないのですが、私好みの店もあるかな?

食わず嫌いはダメ。と言うことから2日続けての散策でした。

2日目に参らせて頂いたのは

鮨庵さいとう本店

当日は昼間のランチ、車でしたのでお決まりの

取り敢えず生ビール🍻

はなく、温かいお茶🍵

親方いらっしゃいました。(当然いますよね笑)

一見、幹事長時代の小沢一郎彷彿させる重厚感と無言の威圧感・・・

しかし、勇気を振り絞り

「すいません、セットでなく沼津で水揚げされた地物のニギリを食べたいのですが、何がありますか?」

「了解致しました!そうですね、今日は・・・」

メチャクチャ笑顔で優しく教えてくれた(涙)

からの、先ずは

ヒラメ

肉厚で、また瀬戸内や九州で食すヒラメと全く違う大らかな味

カンパチ

金目鯛

駿河湾はスグに深海部分があるため、深海魚も沢山獲れます。

あまり炙りは好きではありません。脂乗りを消す為の炙りでなく、香りと食感増すための炙りだった、此の金目鯛炙りは美味でした✨

肉厚短冊での鯛腹身

ココが漁師町だと言う事を実感します。

此れもまた良し

此処で、鮨庵さいとう本店の名物である

うに入りイカ鉄砲

手の平をピッと指揃え伸ばしたぐらいの塩梅良い赤イカの中にウニとカニの身を忍ばせ海苔とシャリで包み込んだ一品

柔らかくシットリする赤身イカとウニのマッチング、そして香ばしい海苔の香りから微かに磯の香りする秀逸なる一品でした✨

生サバ

トラフグ

地物のトラフグ

「噛めば噛むほど旨味が感じられますので!」

と親方

スゴイ弾力でした。

しかし、無類のフグ好きの私、個人的には小倉や瀬戸内の鮨屋で出される彼岸フグ(名古屋フグ、ショウサイフグなどとも呼ばれる)、先週北九州で堪能してきたので、の方がニギリとして出すなら圧倒的に旨く、比較の対象としたらダメなのは理解しているだが・・・

〆は山葵入れて頂いたヤマゴボウ巻き

2日続けての沼津港近隣の2件の寿司屋に行かせて頂きましたが、色々な寿司屋があって、あるのも又其れも寿司屋探訪の楽しみ!

を改めて発見出来たことでした🎶

そして何より私中で「鮨屋」と「寿司屋」の定義に準じて、楽しむべきである。

を思いました。

場所、金額、ターゲット層、親方の考えetc

全て含め、やはり、鮨屋、寿司屋巡り、新たな鮨と出会うのは楽しいなぁ〜

鮨庵さいとう本店

沼津港に来たら、此の店に行くのがベストな選択でしょうね✨

木曜日定休日(要予約)

上記のニギリで7200円也

本日も楽しゅうございました✨

216店目


ecc

ABOUT ME
鮨吉寿司太郎
鮨吉寿司太郎
鮨、寿司、SUSHI、色々ありますが職人さんと客がカウンター越しに目で楽しみ、舌で楽しみ、耳で楽しむことが出来るのが鮨、寿司? アナタの事を思いニギッていますよ face to face eye to eye コレこそが鮨、寿司の醍醐味だと思います。 私の趣味は日本全国、鮨の食べ歩きです? 行った鮨屋は2017.6/10現在、通算129店・・・ 高校3年の春、オヤジに初めて連れて行ってもらった、大阪の亀寿司 仕事帰りのサラリーマンが1日の疲れと明日への英気を養いながらカウンターで鮨を摘んでいました。 アレから約30年、今日も新たな鮨、寿司に出会うため そう、アナタの街の 横丁にある鮨屋 自分だけの鮨屋 自分だけの空間 そう、色んな鮨があっていい 今日も、そんな鮨屋を探しながら・・・