プライベート

斜め木

鳴尾ゴルフ倶楽部

18番ティーングエリア

一見わからないかもしれないが、ドライバーで打つと右の斜め木の下にいってしまう

しかもセカンドショットで気になる斜め木

これが倒れれば難易度が一気にかわる

しかしわからないかもしれないがワイヤーロープで支えられている

練習ラウンドを一緒にしたタケ小山さんもこの曲者の斜め木に得意の口調で熱く語る

(タケ小山さん)

鳴尾にはこの絶妙にきいた斜め木がある

8番の気になる斜め木

14番パー5の斜め木

(わかりにくいが左のグリーン前の斜め木)

この斜め木があることによって難易度を増す鳴尾

その重要な斜め木には全てワイヤーロープで倒れないようになっている

この松の木たかが一本、されど一本、これはこのコースを回ってみないてわからないプレッシャー

名門

クラシカルないいコースである

ABOUT ME
渡辺 宏之
渡辺 宏之
1971年6月21日生まれ。神奈川県出身。 東洋大学を卒業後、スキーのインストラクターをしながら小中学の同級生、久保谷健一がプロになったことでツアーキャディーに。 2002年に久保谷プロの2週連続優勝のあと、2003年USツアーに本格参戦。2004年から倉本プロのキャディーを務め、2006年から07年はチャンピオンズツアーに参戦。女子ツアーでは服部道子プロ、古閑美保プロ、諸見里しのぶプロのキャディーを務め、優勝に貢献。 2010年、14年ではシニア賞金王・倉本プロの専属キャディーを務める。 2012、15年度には、I・J・ジャンプロのキャディーを務め、中日クラウンズで二度の優勝 2019年度は、辻梨恵プロ、三浦桃香プロのキャディーをメインで務める。